パールトン加工した着物の染め替え

正絹の着物は染め変える事ができます。理由はいろいろです。染め変える時は まずほどいてから行います。

パールトン加工をしてしまうとそのままでは染替えができないので 加工の効力をなくしてから行なわねばなりません。

少しでも 加工のおち具合が場所によって違うと 染めるとまだらに染まる可能性があるというのは 素人でも想像がつきます。将来 染め変えるかもしれないと思うような着物にパールトン加工しない方がいいと思います。パールトンの効力をなくすためには 何かの溶剤を使うのだろうと思いますが 生地は傷みます。その時はいいと思っても・・・。普通の 染め替え代の費用よりも 高くなっても文句はいえません。

販売店は 何十年後は 新たな着物を買ってほしいので 今のことしかいいません。