草履 下駄

浴衣は着れるけど 下駄はそう簡単ではありません。 下駄を履いて歩きたいならば この時期から 慣らしておくのがいいのではと思います。

最近は あきらめて サンダルはいて浴衣の人も多くいますが その場合は 足元にあった着物の長さにしてほしいと思います。

最近の洋靴は やわらかく 軽く クッション性が高い というのが多くみられます。 それで 下駄を履くと かたくて足になじみません。下駄を柔らかくすることはさすがにできませんので 素材の違う下駄も売られるかもしれませんね。木でできていない下駄の形の履物です。

草履の方は違います。かなりのクッション性があって 足が疲れにくくなっていると思います。 でも 一度 草履を買うと なかなか 買い替えることはしません。草履はまず 太い花緒がはやるようになりました。 その方が 花緒擦れがおきにくいからです。 そして 今度は 台の部分の改良です。ぼてっとした 立体感のある草履に足をいれると 台がやわらかいのです。

おためしください。