羽尺

そうだろうと思う事は 昔は 羽尺がたくさんありました。でも今は 着物が売れないので 羽尺を作ると効率が悪い。紋付用の黒羽織はちょっと見なくなりました。ロング丈が流行なので 着尺とほぼ変わらないような丈になりました。

そのうち、種類が豊富な着尺で羽織やコートを仕立てるようになりました。そうなると益々羽尺の需要が減ります。

そこで 思うのは 着尺で羽織を作るとよい所が見えなくなる場合があるということですね。この柄だと羽織になるとどうなるのか ということを思い描きながら どれを買うのか決めるということですね。

呉服の販売員は和裁の知識が必要だということです。