昔 仕立てた袷の着物

昔 仕立てた袷の着物は 裏と表のつり合いが悪くなる時があります。

女物の場合は男物に比べるとなおすのがわりと簡単です。

なおす時には 着物を天井からつりさげて 加減をみることになります。床に裾がついてしまったら 加減を見るのが難しいのです。

そうした 設備がない呉服屋さんがありますが、 どうやって 着物の検品をしているのだろうと思います。