呉服屋の店員さんに和裁の事教えます。

和裁の事は知らなくても 呉服って売れるんです。大抵の場合は 大丈夫なんですよ。でもね そうじゃない場合もあります。呉服屋さんから これ縫ってくださいと渡されて、伝票の寸法を見て 生地巾や丈 見たら その寸法では縫えないのです。縫えない反物を平気で持ってくるんですよね。

みなさん そうした呉服屋で着物 買ったらだめですよ。

 

文化芸術振興基本法の改正法案が国会で可決・成立

6月16日、文化芸術を推進するための法律、「文化芸術振興基本法」の改正法案が国会で可決・成立しました。今回の改正は、文化芸術そのものの振興にとどまらず、観光やまちづくり、国際交流、福祉、教育、産業など幅広い関連分野の施策を法律の範囲に取り込むとともに、文化芸術により生み出される様々な価値を文化芸術の継承、発展及び創造に活用しようとするものであり、法律の名称も「文化芸術基本法」に改められました。

以上のように 文部科学省のサイトに掲載されていました。

和服は日本の文化芸術に値するものだと思いますが 呉服業界は不況の嵐です。和裁でいうなら 外国の安い工賃に 国内の和裁縫製業者は対抗できません。外国の安い工賃に合わせたら 日本国内では生活できないのです。

ほんとうに 文化を守りたいのならば  後継者(職人)が安心して技術を学び、生活できる環境を整えるべきだと思います。

半衿つけ

ある時 呉服屋さんで商品を見ていたら、「半衿をみたい」とほかのお客さんが来ました。店員が「ここにあります。どんなものをお探しですか?」と尋ねると「100円ぐらいの。」と返事がきました。

100円の半衿か? それは なかなかないだろうし、100円では 巾も丈も短くて 衿芯がはいるのだろうか?と思いましたが、そのお客さんの説明では「汚れたら 捨てるから 安いのがいいの」ということでした。 😯

半衿は 汚れたら洗って、付け替えるというのが本来ですが 裁縫ができないので 半衿のつけなおしがめんどくさいわけです。半衿付けは 年齢に関係なく やりたくない人はやりたくありません。高齢になると 針に糸を通せなくなるので 昔は裁縫をしていた人でも したくなくなります。呉服服屋のお客様の平均年齢は毎年高くなっていきますので 半衿つけサービスは需要があります。

100円の半衿とはいいませんが、それぞれの呉服屋では定番の半衿というのがあります。その定番の半衿がどんどん質が悪くなっていきました。同じ品番の物を仕入れても 明らかに 2年前とか3年前と比べると徐々に 薄くなっていくのです。そうした事実がわかっていても そう簡単に仕入れる品を変えません。

ある時 半衿の付け方にクレームがありました。半衿は 地衿にくるんで縫い付けるわけですが、薄々の生地だから 二重になっている部分が折れ筋になって 強調される為 折った部分が 外側に見えないようにつけてほしいという事です。

昔は そんなクレームはきませんでした。なぜなら そこまで 薄い半衿をつけないからです。せっかく 上等の着物を着ていても 半衿がしょぼいと 全体のバランスが悪くなります。

よく考えれば 着物や帯を購入するより 半衿の方が 安いわけで いろんな半衿を付け替えることで おしゃれを楽しむ事ができるのですが・・・。 😛