確信した 着物の衿汚れおとし

2017年11月1日に NHK「ためしてガッテン」で放送された シャツの黄ばみを家庭で取る方法というのを見ていて、着物の衿汚れや袖口汚れのメンテナンスについて あらためて 確信した次第です。

着物の衿や袖口は一番汚れる部分です。 着たらそこだけでも 綺麗にしておかないと 気が付いたら 黒くて黄色い汚れがとれなくなります。女性の場合 ファンデーションなどの化粧品の汚れだと思っている人もいますが 皮脂汚れも当然ついています。

パールトン加工をすると 「有機溶剤での汚れ落とし」が無料になるわけですが
同時に 水をつかった汚れ落としもしないと ほんとうに汚れを落とすことになりません。
パールトンアフターについてにもう少し詳しく掲載しています。

呉服屋さんの定員が パールトンアフターとう制度があってお得ですというのは 正確な説明とはいえません。
呉服屋さんはちゃんとした説明をしてほしいと思います。

もうすぐ 七五三の季節

秋雨前線により 天気予報に晴れのマークがきえた。
さて もうすぐ 七五三の季節です。 子供の着物は 肩上げと腰揚げをします。
宮参りの時の産着は お子さんの体格にもよりますが 三歳五歳の子供用に変えることができます。
宮参りの産着は 袖口がなく 広袖口になっています。 袖口から袖底の縫い直しをします。
そして 紐の位置を変えます。 宮参りの産着についている紐ははずして 保存しておいて 
別に木綿の生地で 紐を作った方が いいと思います。

宮参りの産着を 五歳の男児用にする時には ときどき 男児が大きくて
肩上げをしたら 裄が短くなってしまう時もありますが 多少短くても 新しく購入するより経済的です。
ただ 肩上げをしないわけにはいきません。 裄が短くなっても 少しだけ つまんで 肩上げをします。

子供が草履になれていないので 靴にする親もいますが
写真を撮る時ぐらいは 草履にしてほしいと思います。

落ち込む一方

知り合いのメーカーさんに 着物の将来について聞くと 暗い暗い 穴に落ち込んでしまった。

よい着物を作ろうとしても 職人さんが高齢になり 跡継ぎを作る余裕もない。70歳を期に 店を閉じようと思う。引退します。との返答。

職人の技術と着物の素材が悪くなっているのは本当のことだと思います。全てにおいて 技術を持った人達が少なくなっています。着物は一人では製造できません。さまざまな工程があって そのどれもが その時々にちゃんとしないと 結局 よい仕立てはできないのです。

職人も稽古しなければ一人前になれないわけですが 生産数が少なければ 上手にできるわけがありません。 外科手術をするお医者さんも たくさん手術をしないと経験値があがらないのと同じです。

私自身も 最近の手縫い糸に悪戦苦闘する時があります。どんな着物の生地でも上手に縫えればいいのですが