安いものにはわけがある。

小売屋の呉服屋さんに卸とかメーカーから 「訳ありの着物を売ってくれないか」という申し入れがあります。そうした着物は当然 いつもよりお安い値段でお取引があります。小売屋ではお店なりにお客様の状況などを考えて 「それなりに 訳ありですが いかがですか」というのです。仕立て屋から見るとそうした着物は 買わない方がいいと思います。着てもその欠点がわからない場合もありますが、「生地代は無料にすべきじゃないかと思うものがあります。」私なら無料といわれても もらわないと思う着物があるのです。中には着た時には 表にでないので気にしなくてもいいと思うものもあります。そうした時はラッキーだと思います。ところが 訳ありの訳をちゃんとその場でわかる人などそうそういません。

実はすすめている店員もどこが どれほど訳ありなのか自覚なしで売っているので すすめることができます。真実を知った上で、仕入れるわけではないのです。仕立てる段階になって 仕立て屋の方から「これほんとうに仕立てていいのですか?」と問い合わせします。店の方からは「お安くしています。お客様にはご了承いただいています。」と返事があるから 縫わないわけにはいきません。

お店の方が「お客様にご了承いただいています。」と返事があっても 「ほんとうですか?そうは言われても これはひどいと思いますけど ほんとうにいいのですか?」と念を押して なんとか 多少は色焼けをなおしてもらう時があります。完全にはなおってきません。費用をかければ 儲けがないので 費用はかけられません。というより ほんとになおせば 売った金額より 直し代の方が高くなるからなおせないのです。

仕立て屋がほんとうの意味で 自立できていれば 着物を愛するお客様に もっとちゃんと説明ができるのにと思います。呉服屋さんをとおさず 仕立てをお近くの和裁士さんに依頼してみませんか?

 

着物を購入する時

着物の購入する時 鏡の前で体に沿わして 顔写りがいいかどうかを見たりします。自分に似合うのかどうかを見るのは 大切ですが 仕立てる仕事をしていると 産地とか色やら柄も見ますが やっぱり一番みたいのは 生地がどうかということです。夏物でもないのに 薄々で立てて透かしてみたら 向こうがみえるような生地はやめるにこしたことはありません。すぐ近くで見ていると 向こうが見えるような生地がどうかまではわかりません。4、5メートル離れて誰かに立てて持ってもらうとすぐにわかります。一度 お試しください。店員さんには嫌われますが そうやって 確かめたら困るようなことをいうお店ならば 購入しない方がいいのです。お店にはそれしか置いていないということはありません。薄々の生地の値段はこれぐらい、そうでないのを購入しようとすると これぐらいはださないと ないのだなぁと リサーチする事が必要なのです。 

着物の仕立て直し

着物は多少 太ったり 痩せたりしても 着ることができるといいます。これが転じて、着物はフリーサイズと思っている人もいますので、悲しくなってきます。私の経験では身巾は5キロ変われば変化に気づき、10キロ変わればあわなくなります。
着物の仕立て直しというのは手間がかかるのです。まず「ほどく」のに時間がかかります。コートはミシンで縫っている場合があります。ほどく時に手縫いであっても生地を傷めてしまう時がありますが、ミシン縫いは糸を抜いた後の穴がふさがらない時もあります。生地を傷めないように慎重に糸をぬかねばなりません。大きくする時には以前縫った所がどうなるのかを考える必要があります。
やってみないと 綺麗に縫い直せるかはわからないのです。最初から縫う時には手が入れられますが 途中からの縫いなおしでが手がちゃんとはいらない所で縫い直したりします。結局はそれが 手間がかかり、綺麗に縫い直せないにつながります。手間がかかりますという事を中々理解してもらえないのが現状です。元々の工賃が低いのでなおしの料金は 必ずしも労働にみあう料金にならないのです。
「フェアートレード」をできるだけしたいと思うならば 直接 和裁士に仕立てご依頼するのがいいです。
今は ミシン縫いの着物も珍しくはありません。すべてミシン縫いの着物を仕立て直すような時代がきたら どれだけ 手間がかかるのだろうと はるか遠くの山を見てしまう。

実際の仕立て直しについては 和裁 着物の仕立て直しをタップしてください。