仮絵羽とゆのし

仮絵羽の筋は 長く仮絵羽に状態が続くと それだけ 筋が消えない 汚れがつくという事がおきます。 汚れがなくとも 筋が消えていないために その筋を隠さねばならないので 希望通りの寸法にならないということがおきます。

筋と色やけの防止 つまり商品価値を下げないためには 仮絵羽をやめることだと思うのです。
さまざまな業界で 改革があると思うのですが 着物の業界は 昔ながらの慣習が続いて、疑問に思うことがあっても 仕事が細分化されているために 仕立て屋が 思うことを 製造する業者に 伝わりません。それは とても残念な事です。

仮絵羽になっていなくても 反物で 試着ができるというような「端縫い」の方法は考えられないのでしょうか?

仮絵羽とゆのし

呉服屋さんで売っている反物は 仮絵羽といって着物に仕立てたら こんな感じになりますよと見てわかる あるいは試着がしやすいように 仮に縫っている着物があります。 訪問着 振袖 留袖 絵羽の羽織やコートなどがそのようになっています。

ところが この形にするということは どんな寸法の人に仕立てるのかわかりませんので あらかじめ 大きなサイズで縫っているのですが 時には それよりも大きな人がいます。 どうしても 仮の筋がでてしまうので それで 縫う前に ゆのしをして
仮絵羽で できてしまった筋を消す作業をしなければなりません。

大きなサイズに関係なく 仮絵羽の筋があると 仕立ても綺麗にできないので 見えなくとも ゆのしをする必要があります。

ときどき もっと 仮絵羽をもっと 大きく縫ってほしいと思う時があります。その理由は 明日にでも!

呉服屋

たくさんの着物を持っていても どの着物とどの帯とどの帯締めとどの帯揚げを組み合わせたらいいのかを 自分で決められない人がいます。

そんなお客さまをサポートするために 売った品を全部写真にとって 問い合わせがあれば 電話で この着物とこの帯がちょうど今の季節にいいので どうでしょうか?と提案します。

呉服屋のセンスが試される瞬間です。