着物の仕立て

一つの呉服屋さんでも着物を仕立てる所は複数あります。

国内仕立てと言っても 国内の業者さんとか個人の仕立て屋さんに依頼するのです。着物の仕立てというのは呉服屋さんがこうしてほしいと依頼される時もありますが、細かい仕立ての方法は それぞれの仕立て屋さんに委ねられています。

一つの呉服屋さんで着物を複数購入した時に 一人の仕立て屋さんがすべて縫うわけではありません。

もしも 縫う人を同じにしてほしかったら 呉服屋さんに指名したいと申し出る事をお勧めします。 着易いと思った着物があれば その着物を仕立ててくれた人にとお願いすればいいのです。

なおし着物のご依頼を承りますと 一見 同じような仕立てに見えても 違うのだなと実感します。

 

 

 

 

子供の入学式に着物

小学校の入学式 母親が着物を着て 参加している様子はめずらしくありません。着たあとに すぐにタンスになおしてしまわないようにしてほしいです。一回しか着なかったとしても 衿や袖口の汚れだけは点検して 汚れていたら しみ抜き屋さんに出してほしいと思います。

特に 春色の着物は 汚れがめだちます。

 

肩巾の広い人は羽織を着る

なで肩は着物が似合うと申しますが、じつはそうでもありません。

着物が似合うようにみせるには 肩巾を狭く見せると似合って見えます。

もともと 日本人は 平均すると西洋人に比べると 腕が短いです。

肩巾がまっすぐで広い女性は 衣文かけみたいになるからです。

ところで 着物の上に 羽織を上手に着ると 肩巾を狭く見せることができるので

ごまかせますね。 羽織を着た方が 色っぽく見えると思うのはわたしだけでしょうか?