上級編2 裏打ち 

裏打ちとは 総絞りの生地が仕立てたあとに伸びたり、縮んだりしないように しておく事をいいます。

総絞りの着物は実際に出来上がった絞りがわかるようにしている時もありますが、
絞った糸を取り除いた状態で展示したりする場合があります。下の写真のように 絞った糸は取り除いて 巾だしはしないで、縮んだままで 仮絵羽にして店頭に展示することもあります。下の写真は仮絵羽の総絞り羽織です。総絞りの羽織 絞った糸をとった状態で羽織の仮絵羽にした

次に 下の写真は 仮絵羽の羽織と白地の羽織は重ねてみました。白地の羽織は身長155センチぐらいの女物の羽織です。仮絵羽の総絞りの羽織がとても小さい事がわかります。

総絞りの羽織 絞った糸をとった状態で羽織の仮絵羽にした


仮絵羽の総絞り羽織をほどいた状態

仮絵羽をほどいて パーツごとに置いてみました。
向かって左から袖 右身頃 衿 左身頃 袖と並べています。袖は全形を撮っていますが、身頃と衿はは半分の丈に折って撮っています。
衿の生地半分が絞っていませんが、これは衿の芯になる部分なので絞っていません。またこのことで羽織用になっていることがわかります。コートならば衿も全部絞るからです。

仮絵羽の羽織をほどいたところ

生地の巾だし

この小さいままでは仕立てられませんので巾出しをしてもらいます。 お袖の生地の巾を例にとります。写真のように巾出し前の生地巾はものさしの端から端で約16センチになっています。絞りは魚の卵がたくさんあるような感じに見えます。

生地の巾だし前

実はこの羽織 一昔前のものなので、元々の生地巾が広くありません。並幅に巾出ししたことで 絞りがほぼ倍ぐらいの大きさになっています。絞りを伸ばしすぎると意味がないのですが,、生地巾を広げなければ 必要な寸法に仕立てられません。ということで 疋田絞りはほとんど伸びたようなものになってしまいました。

↓ 「巾だし」 袖の生地

巾だしたあと


裏打ち作業

裏打ちした生地

ゴウス(薄い絹の生地)を絞りの生地の裏側にのせて、斜めに糸で綴じていきます。
ゴウスという名前の由来はわかりません。極々薄い正絹の生地ということから、極薄がゴウスと呼ばれるようになったのかもしれません。呉服屋さんに漢字を聞いても、耳から覚えた言葉だからよくわからんといわれました。

裏打ちは専門にする人がいます。ただ 昔と違って この作業をしてくれる人もだんだんいなくなるのだろうと思います。

完成したの総絞り女物羽織

完成した羽織

これが出来上がりです。

実は 裏打ちをするかしないかが問題になったのです。意見が違うのです。「いらない」「しない」「やる」「やらないといけない」。全く真逆の意見です。こんなに意見が違ったら 結局 お金がかかり 手間がかかるわけで 都合のいいようにしか結論をださなくなってしまうということです。
巾出しをしてもらったお店のご主人は裏打ちをしない派でした。
主人 『今はね 裏打ちしないよ。昔みたいに薄い生地で絞らないし、下手な裏打ちは袋がはいるし困るよ。』
私  『でもこの羽織は新たらしいとはいえません。薄い生地で絞っているんじゃないですか?』
主人『・・・・・・。』

裏打ちをする派の意見は ふくろ がはいることを心配していました。羽織はまだいいですが、着物になると正座をしたり、椅子に座ったり いろいろ行動すればするほど 絞りがつぶれます。つぶればそこが伸びるので 裏打ちをしていないと、表生地が伸びる つまりは ふくろがないる。それで下半身だけ裏打ちするといったようなことをするお店もあるみたいです。

完成した羽織と 仮絵羽の羽織を比べた写真

完成した羽織と 仮絵羽の羽織を比べた写真

ue2no10

仕立てる立場からは裏打ちがあった方が仕立てやすいです。伸びたりしないので寸法がくるわないからです。
ふくろについては長襦袢ですが、説明しているのでご覧ください。ページの一番下に説明しています。中級編4 ふくろ >>


私の結論はこれは自分のものだから 他に迷惑がかかるわけではないので、どちらが正しいのか試してみると決めました。
両袖は裏打ちなし、身頃を裏打ちしました。
袖と身頃を比べると 明らかに身頃の方がしっかりした感じなりました。薄いとはいえ生地が重ねられたのです。さて結果はすぐにはでません。何年かして袖と身頃にどのような変化があるのでしょうか?

上級編3 おしゃれ術

着物 帯 帯揚げ 帯締め どんなふううに組み合わせるかを楽しく考察する 。
私が考えた事ですので、他人さんがどのように思いはるかはわかりません。このページで掲載していることは誰かに教わったり、着物の本や雑誌にを参考にしたわけではありません。こういうことは自分で考える方が楽しいです。もし同じ事を言っている人がいたら 私の考えた事は そんなに間違いじゃないということです。着物を着る時にどんなふううに組み合わせたらいいのか わからないという方は多いです。そのような方は参考にしてください。
着物と帯が同じでも 帯揚げ 帯締め 半衿 これを交換するだけで おしゃれを楽しむことができます。
着物一枚に帯三本といいますが、着物二枚にする時にすでにある帯三本を有効利用するか、新たに手に入れた着物に他の帯をそろえるのか
私ならば 着物二枚に帯三本でやりたいです。

ue3no1

着物は薄い紫の地色に何やら面妖な異星人が描かれています。わらし様にモデルになっていただき4つのパターンを考えました。まず 八掛けと帯は同じ色で異星人の色の黄土色にしました。 このようにすることで全体の色を統一します。1ばんは帯揚げと帯締めを 着物の薄紫よりも濃い紫にしてみました。2ばんは異星人の大きな目には白い部分がめだっております。その白色をとって、帯締めと帯揚げに採用しました。3ばんは着物の薄い紫と同じにした場合。4ばんは帯の色より濃い色の帯揚げと帯締めを使ってみました。かなり個性的な着物の柄なので遊びついでに半衿も黄土色にあわせました、もちろん4ばんのようにごく普通に白色の半衿にもできます。
あくまでも私見ですが、着物、帯、帯揚げ、帯締め、半衿 の色が全く共通点のない、ばらばらな色にするよりも、どこかに同系色や同色がある方が落ち着いてみえます。

黒白配色が好きな人

ue3no2

ほとんど黒の着物に白の帯。よくある着物と帯の組み合わせです。着物と帯がモノトーンになると帯揚げ、帯締めは何を持ってきても大抵大丈夫です。
図の左側のようなとりあわせにするとおしゃれにみえます。着物の柄色と同色の八卦け、帯締め、帯揚げにするというこのような組み合わせです。帯の柄色を青系にするという凝ったことまでするとさらにおしゃれ度が増します。
右側の方は八掛けの色まであわせるようなことはしていません。このモノトーンの着物と帯に赤系の帯揚げと帯締めというのはよくある組み合わせです。これにすると帯揚げと帯締めがよく目立ちます。それと 赤系の着物と帯は派手なので着れないと思っておられる方でも、ポイントに使うのならばいいという方が多いからだと思います。

よくある青系の着物と組み合わせる帯

ue3no3

若い頃に着物を購入すると右側のような組み合わせが多いです。親が購入するとこのパターンです。なぜかオレンジ色の八掛けをつけて、帯は赤色系になるんです。これが30代 40代となっていくと オレンジ色の八掛けがじゃまになってきます。中年以降に青色系の着物を入手すると左側のような組み合わせになる時があります。平凡にしたくないけど、帯の赤色は派手すぎるという気持ちのある方に多いのではないでしょうか。着物が青色系で帯が黄色系おかしくはありません。比べてみても 左側の方がちょっと地味な感じになります。帯揚げと帯締めの色は白にしていますが、どんな色にするかはご自分で考えてみてください。

全体の色のトーンを調和させる

今 色に関するさまざまな研究が進んでします。ファッションについていうならば 個人個人に似合う色や似合わない色を診断するというような仕事までうまれているのです。その専門家でもなんでもありませんが、ちょっとだけ その分野の講座をうけた者として説明すると色を12のトーンに分類するのです。すなわち ペールトーン、ライトトーン、ブライトトーン、ビビットトーン、ライトグレイシュトーン、ソフトトーン、ストロングトーン、グレイシュトーン、ダルトーン、ディープトーン、ダークグレイシュトーン、ダークトーン

子供のころ絵具で遊んだ人はよくわかります。要するに原色の赤色に白がたくさん含まれれば薄い赤色になります。青色でも白がたくさん含まれれば薄い青色になります。無彩色の入る度合いが同じならば赤色でも青色でも同じトーンとしてくくるのです。

着物の色は濃い色が好きな人とか渋い色が好きな人などいろいろあります。これを上のトーンでいうとディープトーンやグレイシュトーンが好みという言い換えができます。そのような色の好みが実際に似合うかどうかは別にして、 着物、帯、帯揚げ、帯締めなどをあまりかけ離れた色のトーンにしないというのが私のおしゃれ術です

ue3no4

上の図ですが、四人のわらし様がおられます。着物は黄緑色に灰色をまぜた渋い色にしてみました。帯は白っぽい色にして着物と帯のトーンはそんなにかけ離れた色ではありません。左側のわらし様は色鮮やかな緑色の帯揚げと帯締めです。これは着物に対して鮮やかすぎる。
赤い線の中の右側の三人に注目します。左端のわらし様は帯締めと帯揚げを着物と同色系の緑だけど渋めでちよっと濃い色の緑、真ん中のわらし様は着物と同じトーンの赤色の帯揚げと帯締めです。右端は着物と帯締めが同色という凝った手法です。

帯締めと帯揚げの色は着物や帯にたいして濃い色にする方が一般的です。薄い色にするとめだたなくなるということともありますし、濃い色の方がしまった感じがするからです。必ず帯締めと帯揚げが同じ色合いにしないといけないわけではありません。帯揚げはほとんど見せない着方もあります。目立たせたくなければ着物や帯とけんかしない色にしたらいいと思います。


着物の柄や色はさまざまです。帯も柄や色がさまざまです。こうしたものをどのように組み合わせるか悩むところですが、
着物にたくさんの柄と色がある場合は帯はシンプルにする。
着物がシンプルならば帯に色や柄がたくさんあるのを選ぶ。
着物と帯の両方とも色柄が豊富な場合 組み合わせるを考えるの難しいです。

 

上級編3 八掛けの色の選び方1

普通に選ぶ 無難に選ぶ

八掛けの色に白はない! 白になるのは花嫁衣装や昔の習慣の白喪服だけ です。他は何かの色を選ばなければならないのです。白はないけど黒はあります。八掛けは当然 表生地があるから決められる。裏だけ選んでも意味ないので表地の色が基準です。

  1. 表生地の地色と同じ色にする。つまり色無地と同じです。
  2. 表生地の模様の色に注目。模様の中の一番目立つ色や好きな色にする。

このどちらかにすれば八掛けの色は選べます。すごく簡単でしょう!!

例えば こんなふうになります。同色系の色を選ぶ

呉服屋さんが選ぶ八掛けの色

何も言わなければ 呉服屋さんがかってに選んでくれます。上の色以外に呉服屋さんが選ぶ色があります。普通に選ぶ 無難に選ぶの中に入ります。無難にするにはそれなりに理由があります。帯などのほかの色がわからない、帯などの色がどんな色でも無難にあわせられる色を選んでおくというのが理由です。この場合は

  1. 表地と同色で表地より薄い色にする。
  2. 表地と同系色で表地より薄い色にする。

例えば こんなふうになります。表生地よりも薄い色を選ぶ


着物の世界のお約束 色目 色合わせ

奈良時代に唐の制度を取り入れました。官位によって服の色を決めたりしました。平安時代になると衣を襲ねるということをします。季節によって衣の色を変えたりする。それに名前をつけたりする。こうした色の取り決めが有職故実の中で決められます。これを色目といいます。そういう流れが着物にもあります。色目は他の方がHPなどで紹介していますので掲載しませんが、着物の表地がこの色ならば八掛けはこの色にするというお約束のような色があります。そうしなければならないわけではありませんがこの色合わせにする人はけっこういます。
表地は茶色系で八掛けを緑系 表地が紫系で八掛けが黄色系 というのです。
人によったらミスマッチと思うかもしれませんが、これはちょっと違う色にしたいというので選ぶ人が多いと思うのです。でも茶色に緑は確か『蝉』という色目になると思います。

むかしからある色の組み合わせ


ところで
日本人は「七色の虹」といいます。でも国が違えば虹もかわるで、7色あるといっても否定する国の人もいるんです。世界中から見れば日本人は目がいいと考えられます。着物の微妙な色を見分けることができるんです。工業的にはたくさんの種類の八掛けの色を製造できても、商業的にはどこかで区切りをつける必要があります。限られた色の中で八掛けの色を選ぶか 少し時間をかけて 好みの色に染めてもらうかを選択できるんです。