中級編地図

畳と裏地は新しい方がいい


ウサギ着物の種類と寸法の関係
寸法と柄について掲載さいています。着物には洋服と違った標準寸法があります。裄に広い人狭い人、身巾の広い人などはそれなりに注意が必要です。
◎ 中級編1 >>


ウサギ中級編2  着物の反物にはいろいろな名称で呼ばれます。いろいろな名称をその時々で 巧みに使い分けています。また 柄は適当に描いているわけではありません。◎ 着物の柄 着尺 小紋 絣 縞 >>
◎ 柄に上下をなくす方法 >>


ウサギ中級編3  紋について 紋にはいろいろな種類があります。紋にはそれなりにルールがあります。男女によっても違います。
◎ 紋 >>
◎ 紋の種類 >> 
◎ 縫い紋について >>
◎ 中級編3 落款 >>


ウサギ中級編4 袷の着物はふくろがはいるという言い方をします。そのふくろの説明。
◎ ふくろ >>


ウサギ中級編5  着物の生地の表裏はけっこう難しいです。両面使える時もありますし、裏のような表もあるからです。
◎ 生地の表裏 >>


ウサギ中級編6 呉服屋が一番気をつかう点ですが、薄い色の着物は特に注意する必要があります。購入後にも気をつかないといけません。
◎ いろやけ >>


ウサギ中級編7 着物の裏地についての説明。
◎ 胴裏 >>  
◎ 羽二重 >>


ウサギ中級編8 袷の着物の裏側の構造を説明しています。
◎  八掛け 裾回し >>
 ◎ 男物の通し裏 >>


ウサギ中級編9 日本の伝統 正装は襲ねにする。現在は 簡略化した比翼になりました。
◎ 比翼概要 >> 
◎ 付け比翼 >>

中級編1 着物の種類と寸法の関係

反物を買う時の注意

  • 初めて着物を買う時は とりあえず 寸法を測ってもらう。これ 大切なことです。
  • 腕の長い人は特に注意です。
  • 一度買ったお店と異なるお店に行く時は 以前の着物の寸法表を持っていく。
  • 長着の寸法を変えれば 長襦袢もかえなければならない部分ができます。
  • お店は自分のところで買ってくれる着物のことしか考えません。黙っていると寸法がばらばらな着物が増えていく可能性があります。
  • 生地巾とほんとに使える生地巾とは異なります。同じ生地巾の反物でも耳巾が違います。
  • 地のしをすることで生地が縮みます。お店で見て生地巾ぎりぎりならば 実際にはそれより狭く仕立てあがる可能性が高いです。
  • 身長や体重を過少申告する人がいますが、絶対にやめていただきたいと思っています。縫い直しは最初から縫うよりも手間がかかるのです。

寸法を測ってください。なんてリクエストすると店員さんは着物も決まってないのにと内心思うでしょうが ほんとにお客様の事を思っているならば測るべきです。場合によっては生地巾や丈が足りないのでできませんといえるのです。


女性の場合

  • 並巾の反物を使う場合、裄が1尺8寸で袖巾9寸肩巾9寸の分け方ならばたいていの人は仕立てられます。
  • 最近は並巾が広くなってきています。1尺8寸1分以上の裄もめずらしくありません。
  • 以前はできませんでしたが、1尺8寸5分の裄がとれるような並巾の生地もあります。
  • 裄1尺8寸5分の長着を作ると羽織やコートはそれより裄を広くする必要があります。羽織やコートの反物の生地巾はまだ対応できていないという感じがします。裄が広くてコートも着たい人は長着の裄を考慮しないといけないと思います。
  • 次のページに詳しく書いています。身丈については 反物によって長さが異なる為に身長の高い人は注意した方がいいです。背から4尺4寸以上必要な人は絵羽物であろうとなかろうと必要な丈があるかを確認した方がいいでしょう。背から4尺3寸以上の人になると袖丈や繰越の寸法によってはゆとりのない場合があります。

男性の場合

  • キングサイズがありますのでたいていの人は仕立てられます。
  • 寸法によっては並巾の反物でも仕立てられないことはありません。
  • ほんとに大きな人は2反使って縫います。裄がたりないので袖や肩の部分にたし布をします。
  • 並巾では衽巾と衿巾が標準寸法ならば袖に5分~1寸弱のたし布ができます。一色で染められている無地やこまかい柄はきにする必要はありませんが柄によってはたし布と袖付側の柄をあわせる必要があります。決め手しまう前に柄ゆきまで考えた方がいいときがあります。仕立ての知識がないと助言はできません。
  • 時代劇や歌舞伎そして力士の方達をテレビでみるとたまにたし布がわかる時があります。たし布することを「そでつぎ」「わりぬい」というようです。「上級編8 和服の裁ち方4」 男物長着の割りいれについてくわしく掲載しています。
  • 基本は中級編7に掲載していますのでそちらをご覧いただいてからの方がわかりやすいです。

絵羽の長着の注意点

袖丈と袖の柄 身丈と褄下(衿下)の柄
絵羽物の柄の高さや位置留袖、訪問着、付け下げの袖丈は一尺五寸には仕立てられるようになっています。身頃は褄下の柄の高さをみると背の高い人ようなのかどうかを見分けることができます。上の着物は背の高い人用にデザインしてみたものです。褄下が2尺2寸となると身長170センチ近い人です。
柄のある位置よりも小さく仕上げる場合上から裾の位置を決めると下前の方の裾柄がなくなってしまいます。袖山の方から袖丈をとると柄のバランスが悪くなってしまいます。
柄の高さと仕立て上がり寸法によっては柄がきれたりする裾の柄を基準に仕立てると衿先のところで褄下に柄があるのに衿先には柄がないというデザインになってしまいます。お袖は袖山の位置を少し上にあげて、袖の柄を1尺3寸にあうようにした場合です。


裄が広い人
柄が端まで描いてあるかをみる

袖の柄
反物の端まで柄が描いてあるとは限りません。裄の広い人はあらかじめみておきましょう。柄は消すより付け足す方が簡単です。購入前に柄を足してくれるように呉服屋さんに交渉しましょう。


裄が狭い人

柄が端まで描いてあるかをみるお袖の柄
袖巾が8寸5分より狭い人は袖の柄が袖付側で切れてしまう時があります。全体に柄があるような時は気になりませんが、身頃の袖付に模様がなく、袖の柄だけが欠けるような時はおかしいです。袖口で縫いこむ方法もありますが袖丈も含めて全体のバランスを考える必要があります。


身巾が広い人

脇の柄位置
身巾の広い人も同じ事がいえます。脇の柄がどこまで描いているかみておいて損はないです。
後巾八寸三分,前巾七寸二分までならば大抵は柄がありますがそれ以上になると柄がないことが多いです。図は後身頃ですが、前身頃も同じです。
友禅などの訪問着は柄の端に線がはいっている場合があります。柄が切れるだけでなく 変な線が見えてしまうので 必然的に線の内側が一番広い寸法になります。

中級編2 着物の柄1 着尺、小紋、絣、縞

着尺

  • 着尺とは大人の長着が一枚縫える長さの反物の意味です。
  • 長さをしめしているので、柄の大きさとかは関係ありません。
  • 着尺に対して羽尺があります。羽織一枚縫える長さの反物ということです。
  • 長着が縫える長さがあるのは ○○着尺になりますが、すべて省略しているのです。

小紋

  • 柄の大きさをあらわした言葉です。大形や中形の模様に対してある言葉で、反物全体に小さい模様を染めていると小紋といいます
  • 小紋よりさらに細かい柄を描いていると江戸小紋といいます。遠くで見ると一色の無地に見えるのに 近くで見ると、細かい柄がわかります。江戸小紋の柄の種類はたくさんあります。この細かい柄を染めるのは型紙をつくることからはじまりますが、型紙づくりも、染める技術も両方とも高度な技術です。裏側が染まっていない安価な江戸小紋から人間国宝が染めた高価な江戸小紋までいろいろあります。
  • 一般的に小紋というのは柄に上下がないように染めるか、または柄の上下がきにならないように染めます。

  • 縦緯斜めの直線 あるいは曲線で表した柄のことを呼んでいます。
  • 縞の具体的説明は 文様のコーナーに掲載しいています。 縞 >> 

  • カスリの名は諸説あるみたいですが 現在では 絣模様というのがあって その模様が描いている着尺は 絣と呼んでいます。 絣 >>

着物の柄にはたくさんの種類があります。詳しくは文様のコーナーで柄の名称を掲載しています。小紋、縞、絣 以外にも多くの模様があります。柄の細かい名称を使うよりも着尺という言葉を使った方が 便利な場合が多くあります。このページができた理由は呉服屋の店員が着物の生地について、正しく説明できない人が多いと思うからです。