帯編地図

買わぬ着物の皮算用


雪うさぎ帯編1 帯の基礎知識   帯の分け方 帯地について 織りの帯 染めの帯
◎ 帯編1 >>


雪うさぎ男物の帯と子供物の帯 男物の帯の長さ 巾 仕立て方 角帯 兵児帯
子供物の帯の長さ 巾 付け帯
◎ 男物の帯 >>
◎ 子供物の帯 >>


雪うさぎ女物の帯   丸帯 昼夜帯 袋帯 名古屋帯 付け帯 半巾帯 帯の柄による名称の違い。

◎ 女物の帯概要 >> ◎ 柄による名称違い >>  ◎ 帯の購入時のヒント >>


雪うさぎ名古屋帯と袋帯   図による名古屋帯と袋帯の長さの違い 名古屋帯のポイント柄の位置

◎ 袋帯と名古屋帯の違い >> ◎ 袋帯 >> ◎ 名古屋帯 >>


雪うさぎ帯編5 金糸 銀糸  金糸銀糸の作り方 礼装用の帯について
◎ 帯編5 >>


雪うさぎ帯編6 真綿びき  
◎ 帯編6 >>

帯編1 帯の基礎知識

帯の分け方と代表的な名称

分け方 名称
分け方 名称
性別など  女物 男物 子供物
 素材  絹 木綿 麻 化繊 交織 紙
礼装用  丸帯 袋帯 角帯
略礼装 盛装  袋帯 角帯
おしゃれ用  袋帯 名古屋帯 昼夜帯 角帯
普段着用  名古屋帯 半巾帯  昼夜帯 兵児帯
  帯地 織りの帯  錦 金襴 緞子 唐織 綴れ
染めの帯  塩瀬羽二重 ちりめん 紬
 帯巾  九寸名古屋帯 八寸名古屋帯 半巾帯
芯をいれない 袋名古屋帯(八寸名古屋帯) 単衣帯
総柄(全通柄) 六通柄 お太鼓柄
産地 西陣織 博多織 桐生織物 佐賀錦
その他 掛け下帯 踊り帯 舞妓さん、芸奴さん用 など
織りの帯、染めの帯の名称
名称 説明
綴織 つづれおり 緯糸に数糸の色糸を使って模様を表した織物。特徴は縦方向に隙間ができる。
唐織 からおり 綾織の地に別の緯糸を用いて文様をあらわし刺繍のようにみえる。
糸錦 いとにしき 色糸や金銀箔を用い綾織り組織によって織られた織物
繻珍  しゅちん 綸子組織の地に多数の別の緯糸を用いて文様を織り出した織物
博多織 はかたおり 横方向にはっきりした畝のみえる厚地の絹織物。独特の幾何学模様で本絹博多は博多地方が原産地。鎌倉時代に工人満田弥三右衛門が宋で技術を学び帰国後、筑前博多地方で絹織物を製造したことに始まるというのが有力な説だが定かではない。
佐賀錦 さがにしき 肥前、鍋島藩主の奥方の創作からはじまったとされる織物。経糸に特性の和紙で作った糸と緯糸は色糸をつかう。経糸を竹べらですくって緯糸をとおして織っていく。
紗 しゃ からみ織の一種。経糸二本がからむごとに緯糸一越が交差した物
絽 ろ からみ織の一種。経糸が数本の緯糸と平織り後、二本ずつからみあうのが基本。
塩瀬羽二重 しおぜはぶたえ 細い経糸に太い緯糸を織り込んだ生織物

 

昔は当然手織りでしたが明治以降機械化がすすみ現在は機械織がほとんどです。手織りの帯は本綴れなど『本なになに』として区別します。綾織物を織れる機械をジャガード機といいます。日本の場合、手織り用の機は高機と地機が主だそうです。

つづれ帯塩瀬

男物の帯

角帯 または 袴下帯

  • 出来上がりの帯巾は10センチ内外 帯丈は4メートルから4メートル20センチ
  • 帯地は博多 綴織 紬 紋織 などが主
  • 大きく三つの種類がある
    1. 袋式 両端を中側に折ってかがり縫いで始末する
    2. 単衣 ほつれ留めをして スカラかがりをする
    3. 折り帯
      1. 縫い代のある帯 かがり縫い又は縫って帯芯をいれる
      2. 二つ折りにして出来上がりの帯巾の物 総かがり縫いにする

男物角帯 両面使い

 

 

 

約1丈4寸(約3m95cm)巾2寸4分(約9cm)両面を撮っています。一本の帯です。


兵児帯

  • 帯巾大幅68cm 帯丈3.8m
  • 絞り 縮緬 紬
  • 歴史
    • しごき帯の一種。並幅の用布をそのまま胴に二回巻いて後で結んだ。薩摩の方言で若者を兵児といい彼らが締めた白い帯を兵児帯と呼んだ。西南の役で兵士が使った所から全国的に広まったということです。

男性の帯の結び方はいろいろあります。貝の口は男性、女性 両方結ぶ方法です。サイトで検索するといろんな名称があります。片むすび 浪人流し 一文字結び

男物帯結び男物帯結び 後ろ姿

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

↓下の写真は 祖父が兵児帯を締めている写真です。隣の女性がどなたなのかわかりません。父 曰く 「親戚だけど忘れた。」 黒いお犬様も昔飼っていた犬ではなくどちらのお宅の犬かわかりません。父 曰く「ひげのはえた犬やな。」ほんとのひげがあると思いますが、確かにひげのような模様があります。昔の事はよく覚えているといいますが、完璧に忘れたと自慢しております。祖父の家の玄関先で撮った写真かどうかもよくわからないともうしております。みなさん写真の裏に覚書をしておきましょう。祖父は私が三才でなくなりましたので、お二人と1匹には天に向かってサイト掲載の許可をいただきました。南無ー。

obi2no4