織物編地図

着物は蚕の賜物


ウサギ織物編1 繊維 織物を作るためには糸がいります。糸は繊維の集合体です。主に 絹糸について説明しています。
◎ 繊維 >>
◎ 絹の繊維 >>


ウサギ織物編2 糸 糸についての詳しいし説明。糸のより方向、太さ、
◎ 織物編2 糸 >>
◎ 織物編2 糸の太さと絹糸の名称 >>


ウサギ織物編3 織物組織 織物はたて糸とよこ糸が交錯することでできています。その交錯の仕方を織物組織といって それぞれ名前がつけられています。
◎ 織物組織 >>
◎ 織物編3 組織分類表 >>


ウサギ織物編4 三原組織   織物の基本 三原組織について説明しています。平織,綾織,朱子織
◎ 織物編4 織物の三原組織 >>
◎ 織物編4 斜文織 綾織 >>
◎ 織物編4 朱子織 >>


ウサギ織物編5 糸の撚り方向と織物の特徴。糸には右よりと左よりがありますが、織物をどのようにしたいかで糸のより方向も変わります。その説明
◎ 織物編5 糸の撚り方向と平織の関係 >>
◎ 織物編5 糸のより方向と綾織の関係  >>  ◎ 織物編5 糸のより方向と朱子織の関係 >>


ウサギ織物編6 からみ組織 からみ組織で作られた織物をからみ織物 もじり織 といいます。 平織 綾織 朱子織 にからみ織を加えて 四原組織と掲載している本もありますが 正しいかどうかはわかりません。
◎ 織物編6 からみ織 もじり織 紗と羅 >>
◎ 織物編6 からみ織 もじり織 絽 >>


ウサギ日本の織物の歴史 帯編1の基礎知識で掲載していた日本の織物の歴史をお引越しさせたページです。帯地の主だった織物の説明もありますが 詳しい説明までは掲載していません。
◎ 織物編7 日本の織物の歴史 >>


ウサギ織物編8 織機と織物の糸の曲がり  簡単に織物を織る時の道具である織機の原理を紹介しています。
◎ 織物編8 織機と糸の曲がり >>


ウサギ織物編9 一重組織 三原組織以外の一重組織についてせつめいしています。変化組織,特別組織,混合組織
◎ 織物編9 一重組織 平織 >>
◎ 織物編9 一重組織 綾織と朱子織 >>
◎ 織物編9 一重組織の特別組織と混合組織 >>


ウサギ織物編10 二重組織  このあたりになると素人同然ですが 織物とはこんなことになっているというのをイメージしていただけたら幸いと思います。とにかく 細かいお仕事です。
◎ 織物編10 二重組織 >>


ウサギ織物編11 ちりめん 縮緬 こちらは よくみみにする着物の織物ちりめんについての説明です。これを掲載中にやっぱり二重組織も説明しないと後の織物が説明しにくいので ページを増やすことにしました。そのうち 生地の写真も掲載するつもりです。
◎ 織物編11 ちりめん >>
◎ 織物編11 ちりめん 縮緬 の写真 >>


ウサギ織物編12 お召 お召の製法はちりめんと比較するとわかりやすい織物です。お召を仕立てるのが好きな人もいるかもしれませんが、一般的に仕立ては難しいとされる織物です。なぜ難しいのかはやったものしかわかりません。
◎ 織物編12 お召 >>
◎ 織物編12 お召の写真 >>


ウサギ織物編13 紬  紬はさまざまな種類があります。一般的な説明と現実がかけ離れている気もします。◎ 織物編13 紬 >>
◎ 織物編13 紬の産地 >>


ウサギ織物編14 綸子   綸子という織物についての説明
◎ 織物編14 綸子 >>

織物編1 繊維

繊維 とは
太さに対する長さの比が少なくとも100倍以上ある物である。
種類別に表にすると以下のようなことになります。
大きく分ければ 天然繊維と化学繊維に分けられます。
天然繊維は 植物繊維 動物繊維 鉱物繊維に分けられます。
化学繊維は 多くの種類が開発されています。服に使用する以外にもあります。
化学繊維のことを人造繊維ともいいます。

天然
繊維
植物繊維 天然種子毛繊維 綿 もめん ,カポック
靭皮繊維 亜麻 苧麻 大麻
葉脈繊維 マニラ麻
その他 / やし繊維 い草 わら
動物繊維 獣毛 羊 モヘア カシミア アルパカ
絹繊維 きぬ 家蚕絹 野蚕絹
その他 / 羽毛
鉱物繊維 / / 石綿
化学
繊維
再生繊維 セルロース系 レーヨン ポリノジック
たんぱく質 牛乳たんぱくカゼイン繊維
その他 ゴム
半合成繊維 セルロース系 アセテート
セルロース系 アセテート
合成繊維 ポリアミド系 ナイロン
ポリアクリロ
ニトリル系
アクリル
ポリエステル系 ポリエステル
ポリウレタン系 ポリウレタン
無機繊維 ガラス繊維 ガラス
炭素繊維 ポリエステル
岩石繊維 ポリエステル
鉱滓繊維 ポリエステル
金属繊維 金糸 銀糸 スチール繊維

 

織物編1 絹の繊維

着物に一番重要な絹繊維の特長

蚕が蛾になる前に繭を作ります。その繭から絹繊維がとれます。
繭は三層からなっていて 内・外層は紡績用 中層が生糸となります。

絹繊維

絹繊維の断面図

 

繭繊維はこのようなになっていいます。表面の「セリシン」を取り除くことによって光沢が増し 絹鳴りが生じます。このセリシンを取り除くことを精練といいます。精練前の絹糸は茹でる前の「春雨」みたいな感じです。くすんだ白い春雨です。精練しないと染色もうまくできません。

絹の光沢

絹糸の光沢の秘密

 

絹は三角形の形をしています。この形が他の繊維よりも光沢がうまれる原因です。
光が当たった時 表面で反射する、吸収する、通過する この三つがあります。 三角形だと特定の方向に反射する為によく光って見えます。この性質を化学繊維にも利用しています。

このページの最終目標は ちりめん お召 紬 などの着物の織物を説明したくて作っています。

繭の種類

家蚕絹
(かさんき)
家内で飼育した繭 種類はたくさんあります。
野蚕絹
(やさんき)
野山で生育している繭
生育が難しい。
エリ蚕 これ以上はわかりません
柞蚕絹 タッサなど 中国やインド
天蚕絹 山繭

野蚕絹は家蚕絹に比べて強度が大きい 不純物も多く 染色には難があります。 たとえば 天蚕は鮮やかな緑色の繭の色をしています。糸も緑色ですが たぶん他の色にするよりその色を生かした方がいいのでしょう。天蚕の糸で刺繍をした着物を見たことがあります。お茶で染めたみたいなきれいな緑色でした。

  1. 生繭 乾燥を行っていない繭。繭はほおっておくと蛾になります。
  2. 乾繭 貯蔵に耐えるように乾燥させた繭
  3. 玉繭 二頭の蚕で一つの繭ができている。これから作った糸を玉糸という。

次は絹糸の製糸や糸の撚りについてです。