初級編5 付け下げと訪問着の違い

付け下げは反物で 訪問着は仮絵羽で売られている

仕立てる前は付け下げと付け下げ訪問着は反物、訪問着は仮絵羽になって売っています。


付け下げ

付け下げは 袖、身頃、衿、衽のパーツに裁たずに染色をしますが、裁つ位置が示されています。その印を「すみうち」といいます。柄の特徴は 続き柄になっていません。着た時のことを考慮してポイントに柄を描いています。仕立てる時には柄が欠けないように縫います。標準寸法で仕立てるといいように柄を描いています。その為、身巾が狭い人は柄が欠けてしまうことがあります、和裁の事がよくわかっている人ならば 仕立てる前に 柄がかけてしまうかどうか見る事ができます。下の図で示したところに必ず柄があるというわけではありませんが、着た時に見えない下前身頃や下前衽には柄のない物が多いです。袷にする時は、裏地を別に選ぶことになります。

付け下げ


付け下げ訪問着

仮絵羽なっていないが衿や上前に続き柄がある着物を付け下げ訪問着と呼んでいます。また、八掛けとセットになっていません。付け下げ訪問着という名称は業界で取り決めがあったわけではありませんが 概ね この説明で正しいと思います。  付け下げ訪問着


訪問着

訪問着は仮絵羽になって売られています。製造のはじめに生地を袖や身頃や衿衽に分けます。それを端縫いして反物の状態にしてから染色します。訪問着だけでなく 留袖、振袖などは仮絵羽にする為に生地を裁てから染色します。
単衣用に作っていなければ、訪問着には八掛けがついています。着物は裏地と表地と同じ生地の方が格が上になります。訪問着は必ずしも表生地と八掛けが同じ生地ということではないのですが、八掛けもついています。付け下げや付け下げ訪問着はそれをしません。八掛けを好みで選ぶことができます。八掛けは別料金です。付け下げや付け下げ訪問着に比べると柄が全体的に豪華になる場合が多いです。比較的八掛けの色は表生地と同系色になる事が多いです。上前の八掛けに柄が描いてあったりします。

訪問着
訪問着が出来上がったら 仮絵羽に仕立てる専門の業者さんに送られます。実際に行っているのは一枚いくらの内職の方々です。そのお仕事の様子を拝見したことはありませんが、すごい早業で仕上げていくそうです。この時に生地の表裏を間違えると後々それがひびいてくるのですから、重要なお仕事です。この仕事も数が激減していると思います。高齢の方々で支えられていると思います。
着物の雑誌には仮絵羽の状態でモデルさんに着てもらっているのかな?と思うようなのもあります。仮絵羽の証拠は右袖の下の方をみると角になっています。ちゃんと仕立てられているのならば袖に丸みがあるはずですので それで区別ができます。

初級編6 似合う着物とは?

似合う和服 (~o~) 似合わない和服 (-_-;)

自分に似合う着物とは

着物で一番大切なのは生地です。似合う着物とはどんな着物なのかと問われたらこんなふうに説明します。 「着る人の顔映りがよく見える 」 これが似合う着物です。衿元の色と顔の色はお互いに関係しています。帯から上の着物の色が顔色を美しくみせて健康的にみえる色を選んでください。また 必ず全身が映る鏡で着物を着た時のように試着してください。全身を見て 髪の色と着物の色のバランスを見てください。

どのようにして見るのか

  1. 鏡の前で試着して顔色が良く映るかを見る。
  2. 照明が暗い時は明るい場所まで持っていく。
  3. 一枚試着しただけでは決めない。よっぽど気に入ればいいですが・・・。
  4. 自分の判断が不安な時は忌憚なく意見をいってくれる人に聞く。
  5. 複数試着して同じ事しか言わないお店の人は無視すること。
  6. 日頃からお店はひやかし歓迎と思い自分の目を鍛える事。
  7. もしも機会があるなら パーソナルカラー診断というのをやってみるというのも一つ方法のです

体形を良く見せるには

  • 着物の柄によくある花鳥風月などはたいした問題ではありません。なぜなら椿が似合って、桜は似合わないとか雀は似合って、鴛は似合わないという人はそうそういません。それよりも柄の大きさに注目します。柄の大きさがものさしになります。
  • 洋服でも同じですが、体形を良く見せたいならば 見てほしくない所に目だつ柄や色を持ってこない。または 他の所に注目させるのです。
  • 柄によって 細く見える 太く見える ということは当然ありますが全身のバランスを考えてください。
  • 長着と帯を同色にすると腰の位置がよくわからなくなり、胴長や短足をカバーできます。
  • 縞柄の着物は細く見えると思う人が多いです。確かに横縞より細く見えます。ちょっと太目の女性は縞の着物を着たがります。しかし縞柄というのは他の柄に比べて体の動きがよくわかります。モンローウォークほどではないですが、歩く時の腰つきがわかるのです。着物を着た時に他人の視線がきになる人は縞の着物は着ないことです。

初級編7 着物の保存とお手入れ方法

箪笥や衣裳ケースでのしまい方

  • 絹とウールはべつべつの引き出しに分けましょう。
  • 樟脳などの防虫剤はいつも同じ会社の商品を使いましょう。
  • 除湿シートをいれましょう。近年は虫よけより除湿の方が大切です。
  • 匂い袋と防虫剤は併用しない。
  • 染料と匂い袋の成分の相性が悪い時もあります。匂い袋は入れない方が無難です。

衣裳敷 着物を畳んだりする時に敷く紙


年二回の虫干しについて

  •  部屋の風通しはよくするがカーテンは閉める。
  •  部屋の明かりはつけない。
  •  衣紋かけに吊るすならば裏がえして吊るすか風呂敷を上からかける。
  • スノコを利用してもよい。上から風呂敷を少し浮かせてかける。着物はたたんだままでよい。
  •  衣裳敷きにならべてスノコと同じようにする。数が少ないなら衣裳敷きを浮かせて挟んでもよい。
  •   2、3時間風を通したらたたみなおしてしみなどの点検をする。
  • しみなどがあれば呉服屋さんや悉皆屋さんに相談する。

衣文かけ


着物を脱いだ直後にする事

着物の素材や織り方によって多少異なりますが、脱いだ直後に以下の事をしておくとしわがかなり伸びます。そして着物を上手に着る人や着物の寸法が体に合っている人ほどしわができにくいです。これは必要以上に帯を締めないことや寸法があっているので 余分な生地がないからだと思います。

  • 帯枕の紐 帯締め 帯揚げは洗濯物を干す時の要領で地の目にあわせてパンパンと伸ばす。
  • 帯も同じようにする。しわを伸ばしながら線のとおりにたたんでしまいます。一晩は風を通しておく。
  • 長襦袢、長着、外着は衣紋掛けに裏返して掛ける。腰まわりのしわのきついところを手のしをする。
  •  着物は一晩たてばとりあえず畳む。衣裳敷きにはさんで風は通す。
  • 2日目以降、時間をとって点検しながらたたみなおす。
  • 点検してしみなどがあれば呉服屋さんや悉皆屋さんに相談する。

髪のセットとお化粧について

  • 着物を着てからのお化粧は化粧ケープをしましょう。白粉はけっこう飛びます。
  • 先にお化粧する人でも口紅は着物を着てからにしましょう。
  • 着付けに自信がない人は着てからお化粧をしましょう。
  • 髪の毛の整髪剤は着物を着る前にすませてしまいましょう。
  • 美容室では髪のセットを先にしてもらうようにしましょう。
  • 美容室での着物の置き場所には注意しましょう。店内には着物の敵がたくさんある事を忘れずに!

衣裳敷 着物を畳んだりする時に敷く紙エプロン うしろからエプロンつけてるところ


 あやまって食事をこぼしてしまったら

  • 綺麗なぬれタオルでつまむようにしてとる。
  • 絶対!こすらない!
  • しみ抜き屋さんに何をつけたか伝えておとしてもらう。

雨の日について

  • 雨の日は雨用の下駄の方がいいですが。革でもカバーをつける方がいいです。畳や竹の素材は雨に弱いので穿かない方がいいです。
  • 着物は短めに着る。雨ゴートを着るなら腰紐を利用してあげて着てもよい。ただし雨ゴートを脱ぐ時に先に腰紐を取ってからでないと恥ずかしい事になります。
  • 傘のしずくが付きます。自分が気をつけていても他人の傘のしずくがつきます。せめて自分のぬれた傘でしみをつけないように傘用のビニールを用意しておくとよいでしょう。
  • 裾はきれいにみえても雨がかかっています。完璧な泥はねで汚れていなくても季節前の収納時にはしみぬき屋さんに雨の日に着たからと言ってきれいにしてもらってください。水でもしみになる事を知ってください。

その他外出時に注意したい事

  • たばこの火と灰に注意しましょう。他人のたばこで着物を焦がすほど悔しい事はありません。人ごみで歩きたばこしている人には近寄らない。
  • 観劇などに行ったとき座席の周りを点検しましょう。マナーの悪い人がガムをつけたりしています。もしもついていたら係りの人に掃除してもらいましょう。
  • 開いた缶ジュースなどを持って歩いている人にも近寄らない。