着付け 帯の締める位置

「自分で着物を着よう!」の投稿ページで「みぞおち」や「肋骨」と帯枕の紐の関係をいいました。帯結びは若い人は高めに結びます。振袖は成人式で着る人が多いですが、振袖の帯結びは高いのです。昔の人は慣れているからかもしれませんが中年女性でも帯は高い位置に結んでいました。現在は着物が着慣れないことや身長が高くなったこともあり、低くめの帯結びになっています。右側の人は振袖よりは低い帯位置ですが、背の高いモデルさんのような人はもっと低い位置に締めている場合もあります。

振袖とその他の帯では帯の締める 位置が違う

 

裾はまっすぐに着付けるのではなく裾すぼまりにします。 上前衽つまり右脇が少し上にあがるようにして着ます。その方が歩きやすいからです。正装などの足袋が隠れるように着る場合にしたほうがいいことです。

全身の図は画面の都合上、六頭身になっています。七頭身ぐらいが平均だと思うのですが、


長着の紐

  • 裾を決めてから最初に結ぶ腰紐の位置が一番肝心。
  • おへその位置で結ぶ図が多いです。 腰骨で紐を結ぶ締め過ぎるという事がありません。
  • 腰骨で紐を結ぶ時は下着には注意が必要です。大きな下着はやめましょう。
  • 帯の位置は少し上の方が足が長く見えます。
  • 着物の身丈は裾の位置、腰で結び、帯を締めた時の全体のバランスがよく、おはしょりの巾が丁度になれば、その身丈がベスト身丈になるのと同時に 最低必要な身丈になります。 (おしょりは調節しない)
  • この寸法を覚えておくと役に立ちます。

女物の着物を着る時 第一紐は骨盤からおへその間

人の体格はさまざまです。時には 足が短い人または胴が長い人がいます。そうした人は迷わず 腰骨よりも高い位置で紐を結んでください。丸い印はおへそのつもりですが、おへその位置が共通しているのかは不明ですが、骨盤よりは上にあると思います。太鼓腹になるとさがるかもしれません。

着付け おはしおり

  • 巾が広すぎるとぶさいくに見えます。
  • 巾を整える方法に二つあります。どちらの方法も知っておくと便利です。
  • 両方しないといけない時は身丈が長すぎます。

お端折りの巾
おはしょりは帯と同じようにまっすぐにしなければならないものではありません。昔はちょっと斜めにしたりすることが流行したこともあります。漫画だとへんな感じもしますけど、実際はそうでもありません。

おはしょりが長い時の対処方法

お端折りが長い時の対処方法

おへそよりも上で結ばないといけない時は身丈が長すぎます。おへそより上になると苦しくなるので 下の方法でおはしょりの調節をした方がいいと思います。

お端折りを短くする方法

着付け 体格の大きい人

女性で60キロ以上ある人は標準寸法の身巾で着るのがだんだん難しくなります。こういう方は長襦袢の身巾に気をつけてください。その前に全身の話です。太った人ほど すこし裾すぼまりに着ることをおすすめします。帯はちょっと高いめで結ぶ。横線ばかり作らないようにする。帯揚げはあまりださない。帯締めはちょっと斜めに結んで見てもいい。向かって左側の人の方がちょっとスリムに見えます。

裾すぼまりになるように着物をきる

 

昔 細かったという人が注意すること

着物は少々太っても着れるといいますが、それは大きな誤解です。少々とはどんなぐらいの少々なのか。私の感覚では5キロ変わるといつもの感覚と違うというのがわかります。10キロ以上太ったことはないですが、それぐらい太ったら そのまま着れると思ってはいけません。
長襦袢の身巾が狭くなっています。長襦袢は対丈で着ます。身巾が狭くなるということは抱き巾も狭いのです。図のように 前合わせの位置が下になってしまいます。

長襦袢の身巾を広くする

このまま長着を着ると当然のことながら 衿あわせが下になります。この図で下品になったと感じる人はなかなかするどい人です。漫画では うまく表現しにくいです。このように半衿まで下になると 着ているときに衿が開いてきます。常に衿をひっぱらないといけなくなります。 着崩れがおきるのです。

長襦袢の衿を高めに