帯揚げの結び方1

基本の結び方

1番 ↓
左右の帯揚げを四つ折りにする。表裏に注意して両耳を内側に折る。写真の下側が輪になっています。上側が折っている方になります。

左右の帯揚げを一度広げてから左右を中心にもっていき四分の1にする

2番 ↓
左側の帯揚げを上にして交差させる。

左側を上にしてクロスさせる

3番↓

左側の帯揚げを下からかけて上に上げる

結ぶ

4番 ↓
帯揚げをしめる。

帯揚げをしっかりしめる

5番 ↓

締めた帯揚げを縦に重ねる(上になった方は下におろす。下にある方と上になっている方が重なる。)

6番 ↓

左右を持ち替えて右手に持った方を(下になったいる方)を右横にまげる。

obiage5no19

7番↓

上になっている方を六番に通す。

obiage5no20

8番 ↓

全部通したら左右を横にひく

obiage5no21

9番 ↓

帯揚げの先を帯の中に入れて 帯揚げを調えると出来上がりです。

obiage5no22


結んでいる所を帯にいれるとこんなふうになります。

中心をみせないようにすると感じが少し変わる
帯揚げの結び方は好みで決めればいいですが。全体のつり合いを考えてください。帯締めが細いのに帯揚げを派手に見せるとつり合いが悪いです。

帯揚げの結び方2

一度だけねじる方法

左右の帯揚げを一度広げてから左右を中心にもっていき四分の1にする

↑ 1番  左右の帯揚げ両方とも綺麗にたたみます。表裏を間違えないようにして 生地巾を四等分にして両耳を内側に折ります。輪が下、折り込んだ方が上になるようにたたむ

obiage5no15

↑ 2番  中心で左側を上にして交差させる。帯枕がゆるまないようにしっかりと固定する。

obiage5no24

↑ 3番  交差させた帯揚げを持ち替えてかける。ゆるまないようにしっかりとかける。

obiage5no25

↑ 4番 そのまま端を両脇を帯の上にそえる

obiage5no26

↑ 5番 端を帯の中へ押し込みます。

obiage5no27

↑ 6番 中心のねじったところを帯の中へいれます。

obiage5no28

↑ 7番 少し上から見たらこんな感じになります。

完成

↑ 8番 出来上がり。好みの見え方に調節する

帯揚げの結び方3

 結ばない方法

左右の帯揚げを一度広げてから左右を中心にもっていき四分の1にする

↑ 1番 右から行う。帯揚げを下を輪にして綺麗に伸ばす。 このやり方はどんな結び方でもますします。帯揚げがねじれたりしないように綺麗に整えます。これをしないと綺麗にはできません。

obiage5no8
↑ 2番 脇から脇までの長さぐらいに縦に折る。

帯揚げを半分に折ってから いつものように4分の1に折る

↑ 3番 折ったら耳を内側に入れて四つ折にする。

obiage5no10

 

↑ 4番 端を持って左脇の方へもって行く。

obiage5no11
↑ 5番 帯の中に先をいれる。
obiage5no12
↑ 6番  左の帯揚げも右と同じようにして折る。obiage5no13

↑ 7番 右脇の方に先を持っていき帯の中に先をいれる。

obiage5no14

↑ 8番 形を適当に整えると出来上がり。
結ばない方法なので楽ですが 帯枕をしっかりと結ぶことを忘れないことです。