布を継いで身丈を伸ばす方法6

腰紐の位置で別布で継ぐ場合

着物を着てもらって裾から何尺の位置に腰紐で結ぶのかを測ります。褄下または衿下の寸法も大切です。裾の位置はいつも同じとは限りません。後側で足袋が見えないように着る礼装用の着方やもう少し短く着る着方など、それそれ好みがあります。1寸から2寸ぐらい裾の位置で違います。

腰ひもで継ぐ場合の位置

腰紐で結ぶ位置が丁度継ぐ生地の半分になるのが理想です。
どちらかに片よりすぎるとお端折りの調節の時に下から見える可能性があります。
身丈―着丈の寸法や腰紐で結ぶ位置がわからない時は腰で継ぐのは難しいです。腰紐の位置というのは人によってさまざまです。

身丈に余裕があればお端折りを上げて調節できる着物の身丈は身長から割り出します。褄下は身丈の半分が基準です。腰紐を結ぶ位置はおへそのある位置からそれより少し下というのが一般的です。中にはおへその上で結ぶ着方の人もいます。
同じ身長でも足の長い人や短い人がいます。足が長く見えるように着るなら、腰紐の位置は高めにするはずです。
身丈―着丈=6寸から8寸というのが標準ですが、この半分の3寸から4寸がお端折りの巾です。お端折りを整えたり、裾位置が変わったりすることを考えると半分の寸法を入れると見える可能性もあります。1寸余裕をみて 2寸から3寸が腰紐で結ぶ位置に継げる生地ではないかと思っています。

布を継いで身丈を伸ばす方法7

身丈を継ぐ時

6ページにわたって身丈を継ぐことについて説明しました。このページはまとめと理想のお話です。

  1. 身丈を継いで伸ばす時には「柄が全体にあり、柄の上下が関係ない」小紋のような着物が一番変更しやすいです。継ぐ生地はできるだけ元の生地を同じものにします。紬なら紬、お召ならお召という具合です。
  2. 継ぎたい着物を解いて、その着物の状態をよく見ることです。せっかく お金を使っても 一度着たら お尻がやぶれるような弱った生地はおすすめできません。
  3. 仕立て替えにはいろいろな方法があるので どの方法がいいのか判断するためには着物を解いて全体像を把握する事が大切です。
  4. 残り布は大切に保管しておいてほしいです。月日が経つと 残り布と着物の色がまったく違う色になる時があります。それでも同じ生地が使えるのならそれに越したことはありません。
  5. 生地を必要なだけ 売ってくれるというのが古着屋があればいいのにと思います。

和裁 羽織の仕立て直し

羽織を大きくする

詳しい仕立ての方法を掲載しているのではなく 仕立て直したい時に 希望の仕立て寸法にできるかを見る方法を掲載しています。

    1. 衿先に縫込みがあるかないかを見ます。縫込みがなければ身丈はそれ以上長くなりません。
    2. 単衣羽織では衿だけでなく裾かえしの長さも確認します。
    3. 袷羽織では裏側をみて肩裏の縫込みがどれけあるかを確認します。襠の縫込みも忘れずに確認します。肩裏を新しくするならば新しい方の肩裏がたりるかを確認します。
    4. 裄や袖丈の確認も必要です。だいたいのところは手で探って確認します。

羽織の身丈を大きくしたい時にみる位置

羽織の身丈を長くしたい時

  1. 羽織の衿をほどいた時に 並幅の生地を使っていた場合で 衿の中心で継いでもよいような柄の場合には 衿生地を半分に裁って仕立てる方法があります。衿先に縫込みがなくても 希望の身丈にできる場合もあります。