和裁中級4 紗合わせの縫い方

単衣長着に近い方法と比翼や袷に近い方法があります。

単衣に近い方法

最初に 外側と内側になる生地を重ね合わせます。重ね合わせる方向は 外から見た時に表が見えるように 外側の生地の裏面に内側の生地の表面が接触するように重ねます。 重ねた生地を 一枚と見立てて 単衣を縫うように仕立てます。普通の仕立てと違うのは 内揚げの方向です。外側の内あげはいつものように裏側にでますが、内側の生地の内揚げは反対にして できあがった時 内あげは表からも裏からも中にはいるようにします。 そのほか 縫いこみのくけ目はすべて 表側に出さないように 内側になる生地だけをすくいます。

比翼や袷に近い方法

  • 比翼に近い方法

褄下を比翼のように離しておく方法です。衽付け線は一緒に縫います。 衽巾の裾と褄下はべつべつに仕上げます。後身頃や前身頃の裾はばらばらにしません。縫い方はいろいろあると思います。

  • 袷に近い方法

袖の縫い方に 袷のお袖に近い縫い方があります。袖口が外側と内側べつべつにして そのほかは袷の袖と同じです。生地の裏表は 単衣の紗合わせと同じ方向で縫うので 振り口の裏は 内側の生地の裏が見えます。
褄下を袷のように 折ってくけるという方法もあります。裾は ふきは作らないで
外側の方を出来上がりに折って 内側の生地で ふくろが入らないように調節しながら折ったあと くけます。

袖は単衣の縫い方で 褄下と裾は袷に近い縫い方にする場合もあり 仕立て方はいろいろです。

仕立て方にいろいろあるのは

比翼に近い方法をとるのは その着物の格をあげたい人 例えば 結婚式で留袖は着るような立場ではないが礼をつくしたいとします。褄下を離しておけば 比翼みたいに見えるからです。単衣に近い仕立て方は風情がないという意見もあります。

紗合わせ 衿下から裾の縫い方 三種類

個人的意見としては 夏の着物が売れなくなり 昔 名古屋帯や訪問着や付け下げが考案されたように 何かないかと考えて 薄物を売る為の方法(最初に発明したのは売るとかは関係なく誰かのアイデアと思いますが)だったけれど、ヒット商品とまではいかなかったのではないかと思います。
紗あわせにしなくても 長襦袢を濃い色や派手な柄にし、絽や紗の長着を着るだけで 同じようなことができるとは思います。 夏の着物は重ね合わせてどう見えるのかを考える楽しみがあるということです。
最後に 単衣として着る着物は 表ばっかりみないで 裏側を見ることも大切です。 昔は 単衣は裏も見えるので、裏の染まり方にも気をつかっていました。いかにも裏ですという染め方にはしなかったんですけれど・・・。

和裁中級5 つまみ衿長襦袢

現在 大人でこの方法の長襦袢を仕立てる人はあまりいないと思います。摘み衿長襦袢は用尺が少なくてすむという利点があります。仕立てられなくなったのは 日本人の体格がよくなって裄が広くなったことにあります。構造上 肩巾が広く取れないのです。子供物の四つ身も寸法は違いますが、縫い方は同じです。

用尺がすくなくてすむ理由

普通の女物長襦袢

女物長襦袢 関西式 別衿仕立て

 

女物の長襦袢は図のようになります。地衿は木綿物を使う方が多いです。半衿は別生地で用意します。
わかりやすいように色を変えて図にしています。

摘み衿長襦袢の裁ち方図

つまみ衿長襦袢の裁ち方図

 

つまみ衿というのは身頃を一部分つまんで立衿のように見せる仕立てです。立衿の生地を別にするよりも生地が少なくてすみます。また 立衿の巾は通常の長襦袢の巾と同巾に仕立てます。 袷長襦袢では 表面上は普通の長襦袢と同じに見えます。

外側から見た長襦袢 上前身頃と衿と立衿

長襦袢の上前立衿と衿の図

 

関西式長襦袢の一つといえます。立衿は地衿の中に隠れています。立衿は剣先から上は見えませんが 立衿が長くあると あとで 身丈を伸ばしたいときに役に立ちます。反対に剣先より上に立衿がない場合はそのままでは身丈は伸ばせないことになります。

地衿を除いた場合の構造を説明します。それによって 肩巾があまり広くとれない理由がわかります。

つまみ衿長襦袢 立衿2寸にする場合の内部の寸法の取り方

 

立衿を別の布で仕立てる時は 衿肩明き2寸4分 立衿の縫込みが1寸8分 背縫い3分します。 首の入る寸法は2寸1分あいていることになります。(立衿の縫込みは仕立て屋さんよって異なります。)

つまみ衿長襦袢の寸法のとりかた

んで立衿を仕立てる場合は まず立衿の巾の出来上がりを2寸にします。摘む為の寸法と反対側の普通は輪になっている部分を折り込む為の縫い代分が 余分に必要になります。この図では3分と4分にしましたが 2分と5分になってもかまいません。(摘む分をもっと少なくする場合もあります。)
最初のは立衿の縫込みが1寸8分ですが、摘む場合には2寸7分必要だとします。
ここで思い出してほしいことは 普通は衿肩明きが2寸4分です。ところが立衿を作るのに2寸7分必要です。衿肩明きよりも立衿の位置が大きくなります。

衿のカーブを人体に沿うように縫う

着物の衿は前を交差させて着ます。通常の衿肩明きの寸法では衿が着るのとは反対方向についてしまいます。上の図の向かって右の衿のようにしない為に衿肩明きを基本の2寸4分ではなく3寸にします。すると立衿よりも外側に肩山の衿位置がきます。ただし背縫いを3分まだと衿肩周りが大きくなりすぎます。そこで背縫いを1寸にします。首のはいる巾は同じにしたいのです。

つまみ衿長襦袢ンは背縫いの巾がひろくなる

前から見た図ばかりなので後ろからの図も追加いたします。これでなんとなくでもわかってもらえるとうれしいです。つまみ衿長襦袢の仕立て方法では多くの人が肩巾がとれないのです。

 

和裁中級 落款のある着尺の裁ち方

落款

長着の落款は下前衽、下前の衿先のどちらかの位置になります。具体的には 反物のどの位置にあるかで決まります。生地の端から1尺5寸ぐらい中にある場合は下前衽となります。下前衽の位置が決まるとその反対側が衿となりますので、自然と衿の色や柄が決まることになります。普通は落款があるかどうかは重要なことなので 芯木に巻く時は落款のある方から巻くのではなく、落款が最後になるように巻く必要があります。ところが 落款のある方を先に巻いてしまっている反物があります。よく確かめないで お客様と柄ゆきを決めてしまう時があり、仕立てる段階になって ご希望の柄ゆきにすると落款が変な位置になることがわかる時があります。これは明らかに 売った呉服屋の責任です。 呉服屋の店員は 和裁はできなくとも 着物の構造や仕立て方は知っておかねばならないし 落款があるかないかがすぐにわかるように表示をしておいたりする必要があると思います。ちなみに 長襦袢、羽織、コートでも落款のある生地がありますが 基本的には長着と同じように着た時には見えない部分になります。立衿や衿の部分になります。

落款の位置と裁ち方