和裁中級2 衿肩明きの裁ち方

はじめに
着物の衿肩明きには三種類の裁ち方があります。長着と長襦袢は肩山に平行に裁つ方法が多数派です。これは洋服とは異なる着物の大きな特長の一つで、その方が着物を長く着られます。どのような考えからそのように言われるのかは推測の域ではありますが、直線ではなく、途中からカーブさせる方法で縫うのが現在の着物の仕立て方とする業者さんが出現しました。現在の着物の仕立て方というのは少し違っています。昔から長着や長襦袢でも衿肩明きをカーブさせる縫い方はありました。昔は義務教育で裁縫の時間を重視していました。着物の構造ぐらい知っていてあたりまえだったので、肩山に平行に衿肩明きを裁つ方が利点が多いと一般の人も知っていました。このページでは衿肩明きを肩山に平行に裁つ方法とその他の方法がどのように違うのかを説明します。業界全体で考えてほしい事ですが、一個人の和裁士では購入時に注意していただくようにお知らせする事しかできません。長襦袢と長着の衿肩明きの裁ち方が大きく異なると美しく着物は着れません。また衿肩明きは一度裁ってしまうとかえられないということを知ってほしいです。(かなりのお金をだして生地の補正をするのならべつですが、普通はやりません。)とりあえず「初級編2 衿肩周りの男女の違い」 「和裁初級2 繰り越しと切り越し」をご覧いただいて衿肩明きの部分をおさらいしてください。長襦袢が着物の土台になっているので、長襦袢の仕立て方が衿をきれいに着れるかどうかのポイントになります。

衿肩明きの裁ち方の種類

衿肩明きの位置

赤い線が衿肩明きの裁ち線です。半分の図を掲載しています。裁つ巾は同じなのですが途中からカーブさせる方法(二番)と肩山の位置まで大きくカーブさせる方法(三番)があります。まっすぐ裁つ場合は寸法さえ同じならば誰が裁っても同じです。日本国中の仕立て屋さんに聞いたわけではありませんが断ち切り2寸5分で背縫い3分という基本があります。一方、カーブについてはJIS規格のように日本全国共通の規格があるわけではありません。そして出来上がった着物を外から見ても上手に縫っていればいるほど衿肩明きの裁ち方の見分けがつきません。たとえカーブさせているとわかってもほどかなければカーブの形がわからないのです。仕立てた人以外はわからないというわけです。

衿肩明きの三種類の裁ち方

なぜ仕立てられると衿肩明きの裁ち方がわからないのか

出来上がった着物の衿肩明き部分をみる
洋服では型紙そのままが服の形となって出来上がりますが、着物は違います。左写真のように衿はまっすぐする事ができます。カーブさせる事もできますが置き方でどうにでもなるのです。まっすぐに見えますが衿肩周りから剣先までの間は体にそうようにカーブさせて縫います。このカーブは個々の仕立て屋で変わります。もちろん身巾など寸法によっても変わります。長襦袢、長着と順番に重ねて着ると決まっているので衿を綺麗にそわしたいなら同じ人に縫ってもらった方がよいというのはこのような理由からです。気に入った仕立て屋さんがいれば呉服屋さんに同じ人に仕立ててもらうように頼めばいいのです。極端に違わなければ着付けで上手く着れます。ところが衿肩明きの裁ち方が違うとそうもいってられません。着物の構造そのものが違います。洋服のように立体的に縫うのに近くなります。上級編3 和服の構造3 衿の位置と衿肩明きの関係をご覧下さい。下の図は赤く囲んでいる部分を拡大した図です。

囲んだ部分の中の拡大図

写真で赤く囲んだ部分を絵で描いた場合

下の図は三つの裁ち方でそれぞれ衿肩明きがどのようになっているのかを描いています。衿が直線に縫っているように描いていますが本当はゆるやかにカーブしていると思ってください。青丸が衿肩明きの裁ち方がわかる部分です。赤線が衿肩明きです。

衿肩明きがどのようになっているのか


直線とカーブはどのように違うのか

私は直線派なのでカーブさせて縫う着物を私費で作って研究できるほどの財力はありません。しかし最近のテレビや巷で着物を着ている人を観察すると女性の衿肩周りが妙に大きくて,へんなところにしわがよっている人がいます。男性は首にそっていなくて、だらしなく衿をあわせている人がいます。これは着慣れていないので着崩れているのか、仕立てが悪いのか、と考えてしまうのです。 肩周りが妙に大きいのは出来上がり繰越巾が大きすぎるからかもしれませんが、直線裁ちとは違う衿肩周りになっているようにも見えます。首にそっていないという事は洋服の知識を少々おかりすれば答えがでます。つまり衿肩明きが直線裁ちの着物は見かけはまっすぐですが、実際はカーブさせているので体の曲線にどこにでも沿わせられるようになっています。しかし大きくカーブさせると洋服と同じようにカーブが肩周りの形になります。その結果、カーブの形と肩の形が同じならば綺麗な衿になって着れますが肩の形がカーブと異なれば衿の形は崩れてしまいます。 Tシャツやトレーナーなど洋服の前と後を間違えて着ると体にそわないので着心地が悪くなります。既製品のサイズに近い人は綺麗に着れますが部分的に規格外だとそれがしわになってあらわれます。 つまり着物を体にあわすというよりはカーブを体にあわせるという着方になってしまうのではないでしょうか。


衿肩明きを比べる 1

繰り越しの巾の違い

直線裁ちで上の図のように繰越巾だけを変えてみました。出来上がり繰越巾は異なります。

肩回りの寸法の変化する位置

繰り越し巾は変化しますがそのほかは変わりません。
衿肩明きを比べる 2

衿肩明き直線とカーブきりの長さを比べる繰越巾は同じで直線裁ちと肩山までカーブさせた時です。カーブする時はある程度までは直線に裁ち、途中からカーブさせます。一見あまり変わりませんが、衿肩周りの長さはカーブの方が短いです。形は全く違います。
<衿肩回りの長さが変わる

衿肩明きを比べる 3

衿肩明きをカーブで裁って かつ繰り越し巾を変化させる

裁ち巾は同じですが繰越巾を変えます。繰越巾が大きい方が全体の裁つ長さが長くなりますが、長さだけでなく形も違います。

衿肩回りの長さはとてもおおきくなる

カーブ裁ちの場合は最初に直線に裁つ長さが異なると大きく形が変わります。重要なことは長襦袢と長着の衿をあわせることです。私の習った学校は直線に裁つ方法です。衿肩明きの裁ち巾は長着を基準にして長襦袢は-1分でした。つまり内側になる分、長襦袢の裁ち巾を狭くします。長襦袢と長着の関係だけでも考え方が違っている人(学校)があります。長襦袢の繰越巾を大きくするという考えのところもあるようです。自分で着ていて衿の沿いが悪くなった事がないので、長襦袢の方が狭くていいと思っています。繰越やつけ込みは長着と同寸です。カーブの裁ちの方は長襦袢と長着を同じ形で裁たなければ衿の沿いが悪くなってもおかしくありません。直線裁ちの方が誤差が小さくてすむという気がします。

実物 衿肩明き カーブ切りと直線裁ち

実物でカーブきりと直線たちがどれだけ違うのか比べてみます。
見本となっている着物は右側が直線たちの衿肩明き 一番のノーマルな 付け込み3分です。繰越は直線裁ちの場合なんとでもなりますが、一番ノーマルな5分にして肩山で折っています。 左側は衿肩明きが2寸8分の巾で 繰越7分つけこみ5分になります。これだけ衿肩明きの裁ち方が異なれば 出来上がった着物の肩まわりの大きさが異なることはわかると思います。
何度もいいますが 仕立てあがった着物を上からみただけで、左の衿肩明きの裁ち方がどのようなカーブをさせているかわかりません。着物は長襦袢を着てから長着を着ます。長着と長襦袢の衿肩明きの裁ち方をそろえることが必要です。
衿肩明きの裁ち方は商品の規格違いに相当する話です。紙にA4 B5などの規格があり、DVDにさまざまな規格があるのと同じです。

今までの経験上 カーブたちの衿肩明きの着物は何枚か見ましたが 2寸5分の裁ち巾で 繰越1寸のカーブたちなど カーブたちにもいろいろあります。この2寸8分の裁ち巾というのはかなり大きく、舞台衣装や芸妓さんや舞妓さんのような衣紋ぬきになります。

最近洗い張りの着物で 新たな衿肩明きの裁ち方をみました。こんなふうに裁つ仕立て屋がいるわけですから 仕立て屋がそれぞれ工夫しているともいえます。

ほかのカーブきりの衿肩明き

和裁中級2 衿肩明きを直線裁ちにする利点

長襦袢と着物の衿肩回りが違う着物
写真は長襦袢は直線裁ちで 衿肩明きの裁ち巾は断ち切り2寸4分、背縫い3分、繰越8分、つけこみ3分、出来上がり繰越巾は1寸1分です。一方長着は衿肩明きの裁ち方が二番のタイプで途中からカーブさせていますが肩山まではいかない裁ち方です。断ち切りは2寸6分、背縫いは3分5厘、繰越1寸2分、つけ込み3分、出来上がり繰越巾1寸5分になっています。出来上がり繰越巾で4分、衿肩周りは左右あわせて6分、長着の方が大きいです。かなりの差がありますので結果 長着の衿にへこみがみられます。衿のすぐ下の身頃の部分にもヘンなへこみがあります。巷で着物を着ている人の中にはもう少しましですが衿にへこみがでている人がいます。この長着の衿肩周りの寸法ではもっと衣紋を抜かないと綺麗にきれません。和裁の心へがある人ならば出来上がり繰越巾を1寸5分にしているだけでちょっとそれは大きすぎるとわかります。

男物の直線とカーブについて

男性は首にそわして着るので繰越巾はありません。男性の着物でカーブさせてしまうとカーブの形が個々の首周りとあわなければ綺麗にきれないということになります。必要のない出来上がり繰越がカーブによってできてしまいます。男物はめったな事では洗い張りの依頼はありませんし、わざわざ購入するだけの金銭的余裕はありません。ご存知の方はご一報下さい。

外着の衿肩明きについて

長襦袢や長着の衿肩明きを直線に裁つ仕立てでも、羽織やコートはカーブさせて裁ちます。直線裁ちの上にあう羽織などの衿肩明きのカーブ寸法はわかっています。カーブ裁ちにあった羽織などの衿肩明きのカーブ寸法は知りません。正直いって 3番のタイプはかなり大きな衿肩明きになります、現在は羽織やコートを着ない人も多く、そこまで深く考えていないのかもしれません。

衿肩明きの直線裁ちの良い所

平行に裁つと仕立てなおしの時に繰越巾を変更できます。

直線裁ちだと繰り越し巾を自由に変えられる

衿肩明きをカーブにすると狭くできない

平行に裁つと前後の身頃を交換する時に衿肩明きを裁ちなおす必要がない。全体の事は中級編7 和服の裁ち方1をご覧下さい。背縫いの部分が一番力がかかって生地が傷みます。次に傷みやすいのは上半身では肩の部分です。その部分を交換する時、直線派はただ肩山をかえるだけですみますが、カーブさせると後に向かって衿肩明きが開いてしまいます。衿肩明きを裁ちなおさなければなりません。この時点で繰越を自由に変えられなくなります。また衿肩明き部分の生地がきりはなされてしまいます。一枚の反物にはもどせません。
衿肩明きをカーブさせると前後に身頃を交換する時欠損するっことになる。自由な繰り越し巾を選択できなくなる。

和裁中級2 呉服業界の縫製について

なぜカーブして裁ちたいのか

これは推測であり、実際に確かめたわけではありません。確かめるより、この着物はこんなふうに仕立てていますと縫製業者が表明した方がいいです。今までの説明を知った上で着る人がカーブさせる方を選択するのは自由です。縫製業者が事情を知っているのに黙ってカーブさせるのはやりすぎだと思います。カーブさせる時は体形にあわせる必要がありますが縫製業者が個々のお客様と個別に会うことなどほとんどないはずです。
衿肩明きのカーブ裁ちはミシンで着物を縫うということが本格的に導入された事が一つの要因と思っています。人の手ならば簡単にできる事が機械になるとうまくできないという事があります。もちろんその逆もありますが。例えば ミシンの針は布の中を通って縫っていくということができません。安物の浴衣の縫込みは短く切ってロックミシンで縫っておわりです。手縫いの場合は針を布の中にいれて縫っていきます。この縫い方を『絎ける』(くける)といいます。絎けには「耳絎け」「折り絎け」「本絎け」があります。。ミシンではできないので表側が絎けているように見える縫い方をするだけです。そして衿肩周りの部分は直線に裁つと生地が綺麗に伸びないために上手く縫えません。カーブさせた方が綺麗に縫えるのです。ミシンでもほとんどカーブしないで縫っている仕立てもあります。よく見ると衿肩明きの裁っている部分の身頃側が綺麗に縫えていないのがわかります。
カーブさせて裁つ方法は昔からあったので間違った縫い方とはいえません。私の場合は直線裁ちの学校でしたがそれなりにこの仕事を続けてきたのでカーブ裁ちの縫製業者もいるという事を知りました。直線裁ちで習ったので、付け下げ、訪問着、振袖、留袖などの前後が変えられない着物の時にはカーブさせてほしいとお客様から言われれば縫えますが、直線裁ちの利点を考えるとカーブ裁ちには抵抗感があります。
あるミシン縫いの業者さんに「衿肩明きを直線にしていますか?」とたずねると「別料金がかかる」とお返事がきました。 衿肩明きの裁ち方は誰でも知っている事でしょうか?日本国中の人から呉服の仕立て注文を承るつもりならば衿肩明きの裁ち方など詳しい事を明記するべきです。
ミシン縫いの業者だけがカーブさせるのかというとそれは違います。縫製業者というのは手縫いもミシンも両方します。衿肩明きの裁ち方を統一しないと仕上がりが悪くなります。それで基本がカーブと決まれば手縫いでもカーブになります。
和裁は上手な人が縫うとミシンより手縫いの方が綺麗で、早くて、生地にもやさしいです。上手な人はミシンを使う必要がないのです。和裁が上手になるにはそれなりの修行が必要です。ミシンは何ヶ月かで縫えるようになりますが、手縫いになると何年とかかるのです。技術を持っている、持っていないに関係なく着物が売れない事と安い仕立て代ができた事で個人の仕立て屋に仕事が来なくなりました。年配の人達で何十年も仕立て代を変えずに低工賃で働いて来られた方達は時が来れば廃業します。少子化ということもありますが、和裁の技術を習得する人が減っている事、昔と違い安定した仕事とはいえませんのでお針子さんは減っています。このような状況で、低価格の着物を作ろうとすると低工賃で働いてくれる人に仕事をしてもらわなければなりません。私がおばあさんになる頃には着物はミシンで縫って当たり前の時代がくるかもしれません。
日本の民族衣装が着たこともない人達に縫ってもらう時代が来るなんて想像したくありません。すでに浴衣はそのような時代になっています。作り手側はワンシーズンでいいと思っているので生地も縫い方その程度のものです。夏祭りから帰ったら浴衣がやぶれていたという経験ありませんか?何年も着る事のできる浴衣はとても高価ですがないわけではありません。
実をいうと呉服屋さんからどうもこの着物の衿肩明きが大きいのでどうなっているのか調べてほしいという事が大きな転機となりました。私はただほどいて中の構造と寸法を呉服屋さんに伝えただけです。和裁がわかり着付けもできる呉服屋さんなので、その着物の寸法が必要以上に大きな肩周りになっている事と将来の仕立て直しに備えていないことがわかり、とてもそんな仕立てで着物は売れないと判断されましたのでいつもの仕立てとなりました。ということで私はまだカーブで裁つ着物は縫ったことがありません。一度だけ洗い張りで肩山までカーブさせた衿肩明きの大島紬を縫った事がありますが、その他はすべて直線裁ちの衿肩明きです。
カーブにするか直線にするかはお客様の好みだと思いますが、一般の人は判断するだけの知識を持っておられません。どこどこ独自の美しい衿の縫い方などとするオンリーワンの縫い方は業界全体の事を考えているとは思えません。いろいろな呉服屋さんで生地を購入し、仕立て屋さんは決まった人にしてもらうという自由が必ずできるわけではありません。呉服屋さんが仕立てもまとめてメーカーと契約している時にはたとえお客様の方がいつも仕立てくれる人がいるので生地の購入だけでいいといっても売ってくれないのです。
仕立てが違えば綺麗に着れなくても当然ですが、綺麗に着れなければ着付けがさらに難しいと思われてしまいます。お母さんからもらった長着が直線裁ちで、娘さんはカーブの長襦袢しかを持っていない時はどうするのでしょう。新たに長襦袢を買ってもらわなければなりません。大量生産大量消費が着物の売り方ですか?
長着を買うだけで予算がいっぱいの方は長襦袢を既製品にする事がありますが長襦袢の既製品購入にはくれぐれも注意してください。長着とあっていなければ綺麗に着れないです。信じられないと思うかもしれませんが呉服屋さんはクレームが着た時に既製品の良し悪しを見ます。クレームがなければ売ります。時には安いお値段で購入してもらったという理由で『クレームを退けます。』たとえ安かろうとまともに仕立てられていない物は不良品だと思うのは私だけでしょうか?着る人が衿肩明きの違いなどを知っても呉服屋さんが寸法や裁ち方を教えてくれなければもともこもありません。呉服屋さんは個々のお客様に仕立て寸法表を着物といっしょに渡すべきです。重箱の隅をつついたように少しでも寸法が違うとクレームがくると考えるかもしれませんが、どんなに上手な人でも完璧に縫える人などいません。実際に着た時に困るか困らないかで、縫いなおすかの判断をすればいいのです。寸法表は日本の民族衣装ですから尺貫法で渡せばいいのです。もっと身近に自国の文化を知るために。
お客様がこの着物を買うと決めてから初めて縫製業者の出番になります、現在では既製品の着物も多いのでフリーサイズなどが登場し、着物を個々の人にあわせるより、人が着物にあわせるという事が平気になってしまいました。個人にあわせて仕立てるとしても縫製業者は直接お客様と会いません、呉服屋さんが寸法を記入した伝票をみて仕立てるだけです。今に始まったことではないですが、呉服屋さんは売る方にひっしです。説明するには時間も要します。とても重要な事だと思うのですが細かすぎてお客様にはわからないというのです。私には個々の営業員が(和裁の知識がないので)説明できないとしか思えません。その昔ビデオテープの規格にベータとVHSの二つのができた時、結局VHSの方が多数派になりました。ビデオテープの場合は商品にどちらの規格か書いてあります。
既製品の着物には詳しい寸法表など存在しません。上からは正確に測れない衿肩明きはクリーニングの表示のようにラベルを貼ってほしいです。お客様もこれは何の表示かと思って、気にかけるようになるでしょう。別の呉服屋さんで買っても仕立てまでの時間を短縮できるようにするべきです。呉服屋さんが衿肩明きの裁ち方を見ぬけなければ表面的に寸法を測って終わりになります。わかったとしても呉服屋さんには和裁ができる店員が必ずいるわけではありません。衿肩明きの裁ち方を調べる為には一度縫製業者に持って行き、ほどいて、測って、もとにもどさなければなりません。そんな作業ばかりしていると手間がかかるわけですから仕立て代が高くなります。
呉服を売るのはほんとに難しいです。尺貫法で育ってきていないので『このお客さまはこの寸法』という目測する力がありません。こういう訓練はただ着物を売っているだけでは身に付けられません。和裁を知って、他人を着付けて、自分でも着るという経験を積み重ねなければなりません。小さい時から身近に着物に接していない為に呉服屋さんの新入社員教育はたいへんです。新入社員の多くは覚える事が多くて長続きしないのです。「ちょっと衣紋のぬき加減を大きめにして下さい。」この何気ない一言がとんでもない大きさの繰越巾になることがあります。お客様は衣紋をぬきたいと思っているが下品に着たいとは思っていないと思いますがどの程度の寸法が調度いいのかということがよくわかっていないのです。
仕立て屋ならば最適な寸法を測れるかというとそれも違います。仕立て屋で普段から着物を着て生活できる人などまずいません。仕立ての収入だけで着物が買える余裕などあるわけがないのです。自分以外の人の寸法を目測できる人はかなり才能がある人です。その昔 生地と仕立てが別々の時代がありましたが現在、ほとんどの仕立て屋は呉服屋さんの指定してきた寸法で仕立てるだけです。一番しっかりしないといけないのは呉服屋さんだと思うのですが・・・。