男物紋付羽織の裁ち方

第一正装である黒紋付は羽織と長着を対で仕立てる方が事が多いです。羽織の丈と長着の丈は余り変わりません。反物の長さで区別はできません。紋の位置を見て羽尺か着尺かを判断します。羽織の方は前落としをするので、前身ごろの紋位置が中央になっていません。

男物紋付黒羽織の裁ち方図

 

和裁 羽織の衿の構造

衿の織り方四種類

  1. 衿の厚みが均一になり理想的な折り方
  2. くけ山が輪になるが1のやり方で布が傷んだ時にする。袋付けはしにくい。
  3. 最初に生地を半分に折ってから2の方法で折る。厚みが平均にならない。
  4. 1の方法と同じだが芯の部分を別布にする。

羽織の衿折り

どこの部分が見える所になるのかを説明する方が重要ですので折り方までは説明しません。位置がわかれば後に説明する絵羽道行コートと絵羽織との違いがわかり反物を選ぶ時の参考になると思います。私は1と4の方法で衿を折っています。折った衿の付け方にも二つ知っていますが一つは綺麗に縫えると思えないのでしていません。袋付けとか鉄砲付けとか呼ぶと思います。折った衿で身頃をくるんで縫う方法ですが、しわがよるし縫いにくいと思います。写真は4番の見本です。白く見えるのが芯です。

羽織衿の外見

衿の裏と表

羽織の衿は通常 外側に折って着ます。身頃の表側に続いている所は着た時に身頃の方に倒れるので、衿の裏側になります。左の図は着た時の衿です。その部分を濃い紫で示します。 着た時には裏側になる方をピンクで示しています。

反物での衿の位置

布地てみる羽織の衿の表と裏並巾の生地をすべて使った時は図で示した位置が衿の裏側、表側、芯となります。芯になる部分は見えないので生地が足りない時や仕立て替える時には芯を別布にする時があります。一番上の写真が芯を別布にしている衿の見本。ちなみに表生地は黄八丈というものです。

衿と身頃に絵羽がある羽織

衿と身頃にあう柄があるばあいの羽織

衿の裾に柄があります。衿は外側に折ってきますので 外側になった時に柄があうように描いてあります。図のピンクの位置には柄が描いていない時もあります。

絵羽物の時の柄の位置衿の柄はこのように描いているはずです。この衿は羽織のみに通用する衿の模様の描き方です。道行コートと羽織はほとんど同じような裁ち方をしますが、 大きく違うことがあります。この違いを理解しておくと絵羽コートと絵羽織を間違えないですみます。羽織やコート両方を仕立てられるように柄が描いてある絵羽物もあります。しかし続き柄が多くなればなるほど羽織とコートは違います。芯棒には羽尺やコート用などと示してくれている時もあります。その表記は重要です。絵羽ものを購入する時には羽織用なのかコート用なのかを確かめる必要があります。羽織用の柄なのに道行コートにすると思わぬ所でおかしな柄ゆきになる時があります。道行コート用の柄なのに羽織に仕立てても同じ事がいえます。新しい物を購入する時はお店側に責任があると思います。

 

和裁 道行コートの裁ち方

基本的裁ち方

道行コートの裁ち方

羽織と道行コートでは前落としが異なります。

応用編の裁ち方

道行コートの裁ち方 応用編

↓ 立衿と小衿の柄が続いている雨ゴートです。
道行コート 立衿と小衿の柄があっている

↓ 立衿と小衿の柄が続いていない雨ゴートです。
立衿と小衿の柄はあっていない


小衿の構造

小衿の生地
小衿の縫い方にはにいくつもの方法があります。縫い方を知らないとどのような縫い方をしているのかわからないような縫い方もります。大きく分けると二種類あります。上前竪衿から竪衿下がり、衿肩周り、反対の竪衿下がりそして下前竪衿まで一枚の長い布で縫っている方法と両竪衿と衿肩周りから両竪衿下がりの三枚の布に分かれて縫われている方法があります。これにはそれぞれ短所と長所があります。はじめの仕立てでは関係ありませんが何かの事情で仕立て直したり、仕立て替えたりしたい時には最初の縫い方によって仕立て替えできないことがあります。竪衿の柄をあわせる目的でなくても3枚にわけて縫うときもあります。