単衣羽織の裁ち方

単衣羽織の裁ち方図
単衣羽織の裁つ時のポイント

前身頃の前落としの布で袖口布と襠布を取りますが 裾返しの長さを短くすると前落としの布では袖口布と襠布が取れない時があります。後身頃の裾返しは仕立てあがった時に必要な長さをとりますが、前身頃の裾返しは袖口布と襠布が取れる長さにします。残り布を肩周りの力布や乳付けに使います。

男物絽黒羽織

この絽の羽織は裾返しがあまり長くありません。紋付はもう少し裾返しを長くします。絽なので衣紋掛けが透けて見えています。※ちなみに女性で黒の絽羽織がほしい人はこのような男物の絽羽織をリサイクルショップや古着屋さんでねばり強く探せば 新しい羽織を買うよりお安く購入できるかもしれません。紋が入っていなければ 基本的に男物を女物に仕立て替える事ができます。男物は身丈も長いので女物にしても不足はありません。昔は一枚ぐらい黒羽織は持っていたのですが、着物好きか着物を着て仕事をする人ぐらいでしょうか。

男物の羽織裁ち方

袷羽織の裁ち方

羽織には袖が二枚、身頃が二枚、衿が一枚必要です。そして前身頃の衿の付く位置から袖口布と襠を取ります。これを前おとしといいます。一枚の身頃から袖口布と襠をそれぞれ取るのが大きな特長です。長着と同じように追い裁ちや基本裁ち(逆きじ)があります。ここでは掲載しませんが本裁ちとほぼ同じように裁って羽織を作る方法もあります。この場合は長着に仕立て替えることができます。男物の羽織の裁ち方

女性は襠の構造がちがいます。襠の用尺がことなりますが、裁ち方図は同じです。

男物紋付羽織の裁ち方

第一正装である黒紋付は羽織と長着を対で仕立てる方が事が多いです。羽織の丈と長着の丈は余り変わりません。反物の長さで区別はできません。紋の位置を見て羽尺か着尺かを判断します。羽織の方は前落としをするので、前身ごろの紋位置が中央になっていません。

男物紋付黒羽織の裁ち方図