和裁初級4 追い裁ち・逆きじ

反物が織られた方向

着物は洋服と違って斜めに裁つということをしません。肩山と袖山には縫込みがないので後身頃の織り方向を上にすれば前身頃は下になります。
反物の織り方向を矢印で表すとします。
着物の柄はさまざまです。着物の柄によっては追い裁ちと逆きじだけでかなりイメージの異なる着物に仕立てることができます。柄を普段から考えていない店員が多く、中途半端な知識の人が多くいます。昔 和裁の先生にセンスを磨けといわれましたが、この言葉が実感できる今日このごろです。
※ 着物の反物は織り方によっては織り方向がわかるものがあります。織り方向がわかる時は追い裁ちにする必要があります。

反物が織られた方向を矢印でしめす


追い裁ち

着物の背側つまり後ろ側で織り方向を同じにする裁ち方。追い裁ちの説明

逆きじ(さかきじ) 基本裁ちともいう

着物の背側つまり後ろ側で織り方向を混在させる。ほかの言い方をする場合もあります。

逆きじの例1

逆きじの例2

和裁初級4 縦方向の柄

追い裁ちと逆きじの区別がついた後は・・・。

縦方向の柄について

縦方向の柄
左の図のような柄の反物があったとします。片側に模様,他は白地になっています。たくさんの柄ゆきが考えられます。主なものを例にあげます。衿と衽では衽の方がめだつ柄や色にします。見本の柄では衿を白、衽を模様のある方にします。追い裁ちでの柄ゆきを考えます。次に逆きじをためしてみます。好みとセンスの問題なのですが、残念ながら今の時代は呉服屋さんが柄ゆきを考えることはありません。和裁士は残念ながらお客様に直接会うことがないので、相談するのは呉服屋さんなのですが、この時 相談しなければよかったと思うことがあります。何千枚もの着物の柄ゆきを考えぬいた者にとって、着物の裁ちをしたことがない店員に相談しても 検討はずれの答えが返ってくることがあるのです。時には センスのない柄ゆきを指定されることもあるので、かなしくなることがあるのです。
衽は前身ごろに縫う方が耳 褄下側を裁ち目にする。衿は身頃につく側を裁ち目にするという基本です。

追い裁ちの例 1

左袖口が柄 右袖口が白 上前脇に柄がある。上前の柄が間のびする時もある。
追い裁ちの柄ゆき

追い裁ちの例 2

追い裁ち 1の反対バージョン 上前がさみしくなる時がある。
追い裁ちの柄ゆき 例2

逆きじの例1

背中心に柄を集めて 両袖口に柄を配置する。
逆きじの例1

逆きじの例2

背中心に柄を集めて 両袖つけに柄を配置する
逆きじの例2

逆きじの例3

両脇に柄 両袖口に柄を配置する
逆きじの例3

逆きじの例4

両脇に柄 両袖付けに柄を配置する。
逆きじの例4


逆きじになっている着物の写真 後身頃から

逆きじの柄ゆきになっている着物の例

細かい柄を取ると逆きじがよくわかる

一見わかりにくいですが 小紋は逆きじにしています。ちりばめているお花の柄をのぞいてみるとわかります。お花をのぞくと図のようになります。斜めのラインとは別に 縦のラインに狭い 広いがあります。背を中心に縦ラインの広い方を配置し 袖は両袖口を広い方にしています。

和裁初級4 横方向の柄

横柄はたくさんありますが、基本的な柄のあわせ方は三種類あります。
(後から見た時を例にする。)

  1. 横に柄を並べる方法
  2. 市松模様にする
  3. 横の柄をあわせない

横方向の柄の例3つ

長襦袢 市松模様に配した写真

格子柄の長襦袢
この長襦袢は身頃の3番目と4番目の市松模様がくるっています。この間は内あげの部分なので生地をつまんでいます。
多くの場合 横の模様は3番の「横の柄をあわせない」 配置にします。

横柄をあわせない理由

仕立て寸法と反物の丈により、生地そのものに余裕がないために市松模様などに配することができません。たとえ 生地に余裕があったとしても、袖、身頃、衽は柄をあわせても 衿の柄はあわせられません。 衿の部分だけあっていないのは不自然なので ↓のようにする方が一般的です。

柄をずらして配置する
↑の反物で 横をあわした場合
横柄をあわせた場合
市松模様に配した場合市松模様に配置した

よく見ると 横柄をあわせた場合も市松模様に配した場合も衿と身頃の柄があっていません。

横柄をあわした場合を例にしてなぜあわないのかを解説します。
衿には衿肩まわりというほぼ一定の首が入る部分があります。洋服でいう首まわりという部分です。左右の衿の部分で柄がつながるような着物は衿肩まわりのことを考慮して染めます。考慮する着物はすなわち絵羽の着物です。単なる 着尺、小紋、最初から柄があうようには染めていません。

すべての柄があわせられない理由