身長や体重は正確に伝えましょう。

よくある話ですが 母親や妻が息子や娘、夫のために着物を買う場合がありますががそうした時 昔の記憶にある身長や体重を言ったりします。できるだけ本人に確認してほしいと思います。

男性の場合 着物は対丈できます。また 肩で着るという表現をするのですが、同じ身長でも 肩に厚みがある人で着丈が変わるのです。

また 男性の場合はお腹がつきでている人がいます。着物はお尻もお腹も全体に覆いますので お腹の出ている人とそうでない人では身巾が変わるのです。

ところで 夏になると浴衣を着る人が多くいますが 既製品の浴衣はフリーサイズの物が多いです。標準的な体格で、身長160cmない人がフリーサイズの浴衣を着ると大きいです。 その寸法の大きい浴衣が普通になっているので 知らないっ人もいるようですが 女性の着物丈も5cm長いだけで いちいち 着る時に お端折りの調節をしないといけません。

化粧や髪のセットそして着付け この三点セットで 30分で用意できるという人はそうそういません。毎日 着物で過ごしているか 着付けの先生をしているというような人以外は 着るだけで30分ぐらいかかると思います。(自分で着た場合 ただ 着付けの習いたての人は30分で着るのは難しいです。) 裄は広すぎない、身丈は長すぎないというのが一番いいです。

ということで 女性は身長が高いと低く言ったりする人がいますが 正しく伝えてください。店員はできればご本人にあって 寸法を確認してほしいのです。縫い直しするのは 仕立て屋です。お願いいたします。