ソウルメイトな着物を求めて

着物を縫う仕事は お客様と直接 お会うことは あまりありません。

しかし 何年も同じ呉服屋さんの仕事をしていると 着物の生地を見ただけで

あのお客様が買ったのかな?と思いますし 実際に伝票を見ると 当たっている事の方が多いです。

人間 違う着物を買っているつもりでも 他人から見ると同じタイプだと思うのです。

友達の彼氏、彼女がいつも 同じタイプの顔と思った事ありませんか?

それはそれで かまわないのですが 衣替えの季節に 着物を並べてみて好きな色が ほんとうに似合う色か?ということを考えてみてもいいかもしれません。

店員の中には 買ったけど どうも私のキャラではないと眠らせている着物があります。普段から 着物を見て すすめる立場の人でも そうしたことがあるのですから 着物選びは奥が深いのです。

中には ソウルメイトの「着物」に出会う事もあります。その着物は 何があっても 手放したくないと思う着物です。みているだけで 気持ちが落ち着いたり、ラッキーを運んでくれる着物。

そんな着物を求めるつもりで 呉服屋をめぐるのもいいかもしれません。