結婚するとき

以前は嫁いり仕度は普通の事で 喪服 留袖 色無地 訪問着 など一式をそろえましたが 今は そのようなことをする人も少ない時代になりました。今 50代ぐらいの人は 結婚するときに母親がそろえた着物を持っているのだと思いますが、その着物は 若い人用の着物だし 結局 着れないという人達がいます。母親が娘の着物を選ぶというのは 母親の楽しみでもありました。

今 着物を選ぶとしたら 質がよく 娘が似合い 長く愛用できる着物で 格がそれほど高くない、気軽に着れる着物を選ぶ方がいい時代になったと思います。

物を買うにはリサーチが必要です。洋服を買うとき、いろいろなお店を日ごろから見るだけを繰り返していませんか?。着物も同じことがいえるので、呉服屋さんに気軽にリサーチできる時代になってほしいです。ネットでは品のよしあしを見抜く力はつきません。