振袖編7

おはしょりする振袖と引着の違い

着物の上前 衿先と帯の見え方おひきずりする長着を引着といいます。現在は舞台衣装や花嫁衣裳として着られています。私は引着は縫ったことがありませんが、本には縫い方などが載っています。おはしょりする場合と引着の大きな違いは身丈と衿の長さです。身丈は本によって異なるのですが、身長よりも20センチ長い あるいは10センチから12センチなどと掲載されています。おはしょりでは帯の下に衿が少しのぞいていますが、引着では帯の下から衿がでるような着方はしません。おはしょりの着方をするには、衿が腰紐にかからなければ、着ているうちに、裾が下に落ちるのです。身丈が短すぎてもおきます。歌舞伎や日本舞踊の引着は帯の下から衿はでていません。また 着る時に衽の裏側がみえるような着付けをします。このような着方で衿が長ければおかしな具合になります。おはしょり用の着物と引着は別物です。

引着とお端折りする着物の大きな違い表側

引着とお端折りする着物の違い 袷の場合の裏側
裾まわしの長さが違います。特に衽の長さが異なります。袖は短く描いてます。

※ 上村松園(1875-1949)という日本画家がおられますが、その方が描いている着物に引着で帯の下から衿がでているのがあるのです。現在は出さないと思うのですが、昔は衿がでるような着方もしていたのかな?と考えてしまいます。

ネットのレンタルshop

モデルの右脇を見ると衿が帯の下からでています。
色打掛
ネットのレンタル黒引き振袖をみているとモデルさんの右脇が見える場合、帯の下から衿がでているのです。このサイトをみてレンタルのお店が右側を写真に撮らなくなると困るのですが・・・。身丈はそこそこ長く、おはしょり分しかひきずる分がないようには見えません。これはどういうことなのでしょうか?わかりませんが、着つけるときは上手に隠してくれるのでしょうか?このような疑問が浮かびます。
実際に「おはしょり用の振袖」を引着にした人もいます。今ではなく30数年前にです。ですので 昔から貸衣装屋では珍しいことではないようです。なぜそのようにすることができるのか 花嫁の写真はポーズが決まっています。右側から撮るということはしません。必ず左側から写真を撮るのです。もしも衿が出ていても証拠は残りません。現在ではビデオというものがあり、さまざまな角度から撮影すれば 帯の下から衿がでているのがわかるかもしれません。