上級編3 おしゃれ術

着物 帯 帯揚げ 帯締め どんなふううに組み合わせるかを楽しく考察する 。
私が考えた事ですので、他人さんがどのように思いはるかはわかりません。このページで掲載していることは誰かに教わったり、着物の本や雑誌にを参考にしたわけではありません。こういうことは自分で考える方が楽しいです。もし同じ事を言っている人がいたら 私の考えた事は そんなに間違いじゃないということです。着物を着る時にどんなふううに組み合わせたらいいのか わからないという方は多いです。そのような方は参考にしてください。
着物と帯が同じでも 帯揚げ 帯締め 半衿 これを交換するだけで おしゃれを楽しむことができます。
着物一枚に帯三本といいますが、着物二枚にする時にすでにある帯三本を有効利用するか、新たに手に入れた着物に他の帯をそろえるのか
私ならば 着物二枚に帯三本でやりたいです。

ue3no1

着物は薄い紫の地色に何やら面妖な異星人が描かれています。わらし様にモデルになっていただき4つのパターンを考えました。まず 八掛けと帯は同じ色で異星人の色の黄土色にしました。 このようにすることで全体の色を統一します。1ばんは帯揚げと帯締めを 着物の薄紫よりも濃い紫にしてみました。2ばんは異星人の大きな目には白い部分がめだっております。その白色をとって、帯締めと帯揚げに採用しました。3ばんは着物の薄い紫と同じにした場合。4ばんは帯の色より濃い色の帯揚げと帯締めを使ってみました。かなり個性的な着物の柄なので遊びついでに半衿も黄土色にあわせました、もちろん4ばんのようにごく普通に白色の半衿にもできます。
あくまでも私見ですが、着物、帯、帯揚げ、帯締め、半衿 の色が全く共通点のない、ばらばらな色にするよりも、どこかに同系色や同色がある方が落ち着いてみえます。

黒白配色が好きな人

ue3no2

ほとんど黒の着物に白の帯。よくある着物と帯の組み合わせです。着物と帯がモノトーンになると帯揚げ、帯締めは何を持ってきても大抵大丈夫です。
図の左側のようなとりあわせにするとおしゃれにみえます。着物の柄色と同色の八卦け、帯締め、帯揚げにするというこのような組み合わせです。帯の柄色を青系にするという凝ったことまでするとさらにおしゃれ度が増します。
右側の方は八掛けの色まであわせるようなことはしていません。このモノトーンの着物と帯に赤系の帯揚げと帯締めというのはよくある組み合わせです。これにすると帯揚げと帯締めがよく目立ちます。それと 赤系の着物と帯は派手なので着れないと思っておられる方でも、ポイントに使うのならばいいという方が多いからだと思います。

よくある青系の着物と組み合わせる帯

ue3no3

若い頃に着物を購入すると右側のような組み合わせが多いです。親が購入するとこのパターンです。なぜかオレンジ色の八掛けをつけて、帯は赤色系になるんです。これが30代 40代となっていくと オレンジ色の八掛けがじゃまになってきます。中年以降に青色系の着物を入手すると左側のような組み合わせになる時があります。平凡にしたくないけど、帯の赤色は派手すぎるという気持ちのある方に多いのではないでしょうか。着物が青色系で帯が黄色系おかしくはありません。比べてみても 左側の方がちょっと地味な感じになります。帯揚げと帯締めの色は白にしていますが、どんな色にするかはご自分で考えてみてください。

全体の色のトーンを調和させる

今 色に関するさまざまな研究が進んでします。ファッションについていうならば 個人個人に似合う色や似合わない色を診断するというような仕事までうまれているのです。その専門家でもなんでもありませんが、ちょっとだけ その分野の講座をうけた者として説明すると色を12のトーンに分類するのです。すなわち ペールトーン、ライトトーン、ブライトトーン、ビビットトーン、ライトグレイシュトーン、ソフトトーン、ストロングトーン、グレイシュトーン、ダルトーン、ディープトーン、ダークグレイシュトーン、ダークトーン

子供のころ絵具で遊んだ人はよくわかります。要するに原色の赤色に白がたくさん含まれれば薄い赤色になります。青色でも白がたくさん含まれれば薄い青色になります。無彩色の入る度合いが同じならば赤色でも青色でも同じトーンとしてくくるのです。

着物の色は濃い色が好きな人とか渋い色が好きな人などいろいろあります。これを上のトーンでいうとディープトーンやグレイシュトーンが好みという言い換えができます。そのような色の好みが実際に似合うかどうかは別にして、 着物、帯、帯揚げ、帯締めなどをあまりかけ離れた色のトーンにしないというのが私のおしゃれ術です

ue3no4

上の図ですが、四人のわらし様がおられます。着物は黄緑色に灰色をまぜた渋い色にしてみました。帯は白っぽい色にして着物と帯のトーンはそんなにかけ離れた色ではありません。左側のわらし様は色鮮やかな緑色の帯揚げと帯締めです。これは着物に対して鮮やかすぎる。
赤い線の中の右側の三人に注目します。左端のわらし様は帯締めと帯揚げを着物と同色系の緑だけど渋めでちよっと濃い色の緑、真ん中のわらし様は着物と同じトーンの赤色の帯揚げと帯締めです。右端は着物と帯締めが同色という凝った手法です。

帯締めと帯揚げの色は着物や帯にたいして濃い色にする方が一般的です。薄い色にするとめだたなくなるということともありますし、濃い色の方がしまった感じがするからです。必ず帯締めと帯揚げが同じ色合いにしないといけないわけではありません。帯揚げはほとんど見せない着方もあります。目立たせたくなければ着物や帯とけんかしない色にしたらいいと思います。


着物の柄や色はさまざまです。帯も柄や色がさまざまです。こうしたものをどのように組み合わせるか悩むところですが、
着物にたくさんの柄と色がある場合は帯はシンプルにする。
着物がシンプルならば帯に色や柄がたくさんあるのを選ぶ。
着物と帯の両方とも色柄が豊富な場合 組み合わせるを考えるの難しいです。