お太鼓結びの注意点

帯の巾について

帯の巾がせまいと お尻がおおきくみえる

人間は自分の体を真後ろから見るということができません。お尻の巾よりもお太鼓の巾の方が狭いとよりお尻が大きく見れる。下半身が大きい人は帯巾に注意する必要があります。なぜこのようなことを強調するかというと 呉服屋の店員はお客様が気に入ってしまうと こうした欠点を伝えない人が多いのです。買ってもらうことを優先させてしまう事が多いのです。

帯枕 お太鼓用の注意点

帯枕と帯の上の部分がうまくできていない

太鼓結びをうまく結ぶには二つのことにきをつけるといいです。

芯の入っていない帯ややわらかい帯は「良くない例」になりやすいです。帯枕が片側によったり、お太鼓の下部分がふわっとなっています。これは手先のいれかたが悪いからです。お太鼓の下に沿うように手先をいれます。

お太鼓の上のライン

帯枕の大きさはさまざまです。帯枕の上のラインが平らな物や山型のものがあります。山形の方がお太鼓結びの意味がよくわかります。最近は平らな帯枕の方が一般的です。

帯枕 上の丸み大きい ↓

上の丸みが大きい あるいは 巾がせまめ

平らな帯枕の場合↓

帯枕が平らの場合

↓「お太鼓がいがむ原因」 帯枕を体の中央にないからです。お太鼓端がへこんでしまいます。

帯枕が偏るとお太鼓結びもゆがむ

お太鼓の下のライン 垂れ先の上

手先を通す位置がポイント