帯結びの基本

帯の基本的な結び方は二種類しかありません。帯には手先と垂れ先があります。最初に手先を上にあげて そこから胴に二回巻き 落ちないように締めたら、手先と垂れ先を結びます。この時  「手先が下にでるように結ぶ」のか「手先が上にでるように結ぶ」 のかこの二つの方法しかないのです。 ここから 手先や垂れ先をさまざまな形にします。
手先を最初に下からでるようにして結ぶ方法が絶対ないとはいいませんが 通常上に出しておきます。

帯を結ぶ時

自分の体の後ろに手を回して帯を結ぶのは大変なことです。小さいころから帯を結んで毎日着物を着る生活ではないからです。でも 年をとってくると 体の柔軟性がおとろえてきます。力も弱ってきます。昔の人もそれは同じ事なので 年をとってくるとそれなりの結び方をしたのです。でも できるだけ後に手をまわして結ぶことがストレッチ体操になっているというのが着物です。

振袖を着る時のような さまざまな帯結びをする場合は 帯がゆるまないように しっかり結びますが、ほとんどの人は 結ばないで ねじったり 装具を使って 落ちないようにしたりします。

後に手をまわさないように あらかじめ 前のところで帯を形作ったりしてから 行う着付けを「前結び」というわけですが 最初から前結びでしていると 後ろに手をまわして 結ぶことが難しくなりますね。それが人間の体なんですね。


帯には 上下方向が決まっているのがあります。

柄には上下の方向が決まっているのもある

例えば 扇が一つ正面にある時は「天」が上になり「要 (かなめ)」が下になります。たとえ 斜めになっていても要が垂れ先の方に向くように結ぶというのが正しいということです。×印の方をみて 「おかしい。」「変だ。」「みょうだ。」と感じるか感じないか人それぞれだと思いますが、感じない人はどうしようもないのです。

「しだれ桜」という結び方を紹介します。

しだれ桜の帯結び

中心部分の扇の柄が図のようになっていたとしたらどうでしょう?左右に出ている部分の柄は省略していますが、全体に柄があると思ってください。左右にでている羽の柄が横を向いたり、斜めに向くことをおかしいとはいわないのですが、中心部分の柄が反対を向くとおかしいという話になるのです。
これを「文化伝統」といいかえることもできます。お金をいただいて着付けをする人はそれなりの責任があります。上下に向きがある柄では正しい方向に帯をしめるという配慮が必要になります。ところが 帯の結び方と柄の関係がうまくいかない場合がありますので どんな結び方をするかわからない振袖用の帯を買う時は扇の柄はさけた方がいいとアドバイスする着付けの人がいます。

帯の前柄

車とクリスマスツリーとうさぎの柄 三つ共 もし反対を向いているとどうなるかを想像してください。 ちょっとおかしいと思えます。こんな柄ないやろうと思う人がいるかもしれませんが 絶対ないとはいえません。

胴まきの柄の方向

ポイント柄の帯というのは お太鼓結びが基本になっています。帯を胴に二回巻く時
右回りでも左回りでもどちらでもかまいませんが 着物の方向にあわせるならば 上から見て時計と同じ方向になります。前の柄が二つある帯も多くあります。 胴に巻く方を二つ折にして 下側が輪にすると上下の方向が正しいようになっているはずです。なっていない帯がないとはいいきれませんが・・・。

青海波という柄があります。この柄は波の柄ですが、魚の鱗から波を図案化したような柄で 横向きに描いたら五月のこいのぼりと同じ柄です。扇と青海波以外に上下に気を使うといえば 文字が描いてある柄 などがあります。