中級編地図

畳と裏地は新しい方がいい


ウサギ着物の種類と寸法の関係
寸法と柄について掲載さいています。着物には洋服と違った標準寸法があります。裄に広い人狭い人、身巾の広い人などはそれなりに注意が必要です。
◎ 中級編1 >>


ウサギ中級編2  着物の反物にはいろいろな名称で呼ばれます。いろいろな名称をその時々で 巧みに使い分けています。また 柄は適当に描いているわけではありません。◎ 着物の柄 着尺 小紋 絣 縞 >>
◎ 柄に上下をなくす方法 >>


ウサギ中級編3  紋について 紋にはいろいろな種類があります。紋にはそれなりにルールがあります。男女によっても違います。
◎ 紋 >>
◎ 紋の種類 >> 
◎ 縫い紋について >>
◎ 中級編3 落款 >>


ウサギ中級編4 袷の着物はふくろがはいるという言い方をします。そのふくろの説明。
◎ ふくろ >>


ウサギ中級編5  着物の生地の表裏はけっこう難しいです。両面使える時もありますし、裏のような表もあるからです。
◎ 生地の表裏 >>


ウサギ中級編6 呉服屋が一番気をつかう点ですが、薄い色の着物は特に注意する必要があります。購入後にも気をつかないといけません。
◎ いろやけ >>


ウサギ中級編7 着物の裏地についての説明。
◎ 胴裏 >>  
◎ 羽二重 >>


ウサギ中級編8 袷の着物の裏側の構造を説明しています。
◎  八掛け 裾回し >>
 ◎ 男物の通し裏 >>


ウサギ中級編9 日本の伝統 正装は襲ねにする。現在は 簡略化した比翼になりました。
◎ 比翼概要 >> 
◎ 付け比翼 >>