帯締めの左右の見分け方

配色による帯締めの右左

金銀の色の時

帯締めが色が半分で金銀の色の時金が左 銀が右 金が上前になる

色が半分になっている帯締めで特に気をつけたいのが金銀の時です。他の色で半分が白色ならば着物の下前身頃を白色にしておくのが無難です。祝儀袋などの水引きと同じです。金色と銀色では金の方が上。オリンピックでも金メダルは一位の人に渡されます。だから上前身頃に金の方を出すと覚えると覚えやすいのではないかと思います。

金銀以外の色の時

左右の柄や色の多い方に注目する

帯締めを半分にして色が多くある方が地色、少ない方が模様と考えてください。模様の方を左。地色の方を右にします。左が上前だからです。

下の帯締めは左右で組み方が異なります。このような場合でも考え方は同じです。全くタイプの違う美締め

組み方の多い方を地色つまり右側と考えて締めるといいでしょう。


おしゃれ帯締め 締め方でちょっと変えられます。

おしゃれ帯締め

左右共同じ帯締めですが、模様が左右対称になっていません。少し締め方を変えて遊べます。玉がついている帯締め

飾りに組紐で作った玉がついてます。四つと三つがあります。この飾りは移動させる事ができます。好みで締め方を変えられます


 帯留めについて

帯留め帯留めが回らないようにぶる帯締めの通し方

 

 

 

 

後で結んで前は帯留めにするという方法もあります。この場合は三分紐といって後で締めるだけの長さの帯締めになります。帯留めの形はいろいろですが、帯締めをとおすだけだと 中心にあった物が横へ移動してしまうことがあります。そんな時は帯締めをねじっていれてください。帯締めの中心に帯留めがくるようにしますと移動しません。