織物編地図

着物は蚕の賜物


ウサギ織物編1 繊維 織物を作るためには糸がいります。糸は繊維の集合体です。主に 絹糸について説明しています。
◎ 繊維 >>
◎ 絹の繊維 >>


ウサギ織物編2 糸 糸についての詳しいし説明。糸のより方向、太さ、
◎ 織物編2 糸 >>
◎ 織物編2 糸の太さと絹糸の名称 >>


ウサギ織物編3 織物組織 織物はたて糸とよこ糸が交錯することでできています。その交錯の仕方を織物組織といって それぞれ名前がつけられています。
◎ 織物組織 >>
◎ 織物編3 組織分類表 >>


ウサギ織物編4 三原組織   織物の基本 三原組織について説明しています。平織,綾織,朱子織
◎ 織物編4 織物の三原組織 >>
◎ 織物編4 斜文織 綾織 >>
◎ 織物編4 朱子織 >>


ウサギ織物編5 糸の撚り方向と織物の特徴。糸には右よりと左よりがありますが、織物をどのようにしたいかで糸のより方向も変わります。その説明
◎ 織物編5 糸の撚り方向と平織の関係 >>
◎ 織物編5 糸のより方向と綾織の関係  >>  ◎ 織物編5 糸のより方向と朱子織の関係 >>


ウサギ織物編6 からみ組織 からみ組織で作られた織物をからみ織物 もじり織 といいます。 平織 綾織 朱子織 にからみ織を加えて 四原組織と掲載している本もありますが 正しいかどうかはわかりません。
◎ 織物編6 からみ織 もじり織 紗と羅 >>
◎ 織物編6 からみ織 もじり織 絽 >>


ウサギ日本の織物の歴史 帯編1の基礎知識で掲載していた日本の織物の歴史をお引越しさせたページです。帯地の主だった織物の説明もありますが 詳しい説明までは掲載していません。
◎ 織物編7 日本の織物の歴史 >>


ウサギ織物編8 織機と織物の糸の曲がり  簡単に織物を織る時の道具である織機の原理を紹介しています。
◎ 織物編8 織機と糸の曲がり >>


ウサギ織物編9 一重組織 三原組織以外の一重組織についてせつめいしています。変化組織,特別組織,混合組織
◎ 織物編9 一重組織 平織 >>
◎ 織物編9 一重組織 綾織と朱子織 >>
◎ 織物編9 一重組織の特別組織と混合組織 >>


ウサギ織物編10 二重組織  このあたりになると素人同然ですが 織物とはこんなことになっているというのをイメージしていただけたら幸いと思います。とにかく 細かいお仕事です。
◎ 織物編10 二重組織 >>


ウサギ織物編11 ちりめん 縮緬 こちらは よくみみにする着物の織物ちりめんについての説明です。これを掲載中にやっぱり二重組織も説明しないと後の織物が説明しにくいので ページを増やすことにしました。そのうち 生地の写真も掲載するつもりです。
◎ 織物編11 ちりめん >>
◎ 織物編11 ちりめん 縮緬 の写真 >>


ウサギ織物編12 お召 お召の製法はちりめんと比較するとわかりやすい織物です。お召を仕立てるのが好きな人もいるかもしれませんが、一般的に仕立ては難しいとされる織物です。なぜ難しいのかはやったものしかわかりません。
◎ 織物編12 お召 >>
◎ 織物編12 お召の写真 >>


ウサギ織物編13 紬  紬はさまざまな種類があります。一般的な説明と現実がかけ離れている気もします。◎ 織物編13 紬 >>
◎ 織物編13 紬の産地 >>


ウサギ織物編14 綸子   綸子という織物についての説明
◎ 織物編14 綸子 >>