歴史編5 江戸時代の男性の服装

江戸時代初期の服装は上方の流行が江戸に流れるという順番でしたが後期になりますと江戸の流行が上方に流行するという逆の方向になりました。都は京都にありました。江戸幕府ができるまでは上方が政治文化の中心でした。時代が進むにつれて江戸が日本の中心になっていった事の証明でもあります。男性は小袖を着て袴を穿く事が基本でした。袴があるので女性ほど小袖や帯に変化はありません。その一方で髪型や羽織は時代で流行がいろいろありました。小袖は倹約令などのお触れが出るたびに表地が地味になりました。裏地に凝る人が多く、絹にしたり裏模様を派手にしたりしました。遊里に遊びに行く時は袴を穿かずに着流しになったようです。

藍染の農民の服装農民の服装農民は1628年に麻と木綿しか着れなくなりました。木綿は農作業に適した素材です。刺し子やつぎはぎをして力のかかる所を補強して丈夫な着物を着ていました。麻は昔から日本にはあった植物のようです。従って多くの人は麻を着て生活していたと思われます。
裁付袴袴の流行裁付袴江戸時代初期には武士が旅に出る時に着用していました。享保年間(1716)ごろには民間でも流行します。この袴は現在大相撲の「呼び出し」さんが着ています。呼び出しさんがテレビでアップになることは少ないですがここ一番の大相撲になりますと「東~なんとか山 西~なんとか海」と扇を持ってしこなを呼びます。このときほんの少しだけ全身が映るので見る事ができます。
文金風

◎ 辰松風
髷の結い方で元禄時代(1688~)に人形遣いの辰松八兵衛が「曽根崎心中」のお初を演じ、のちに享保年間(1716~)に江戸へ行きます。大変な人気になり彼の結った髷も流行します。
文金風
元文年間(1736~) 宮古路豊後掾という人がいました。1732年に京都から江戸にきて豊後節の始祖だそうです。つまり三味線付きで語る音楽です。現在はテレビの普及で家にいてさまざまな物を見る事ができます。昔はそうはいきません。大名や裕福な商人は自分の家に音楽家を呼んで演奏を聴いたり、自分も習ったりしたのです。この人は大変人気があって、この人の着ている着物をや髪型を真似したのです。これが文金風です。長羽織を着ていました。『文金高島田』は文金風の女性版で花嫁の髪型です。しかし1739年に風紀を乱すとのことで江戸から追放されます。後に残った弟子達から常磐津節や清元節などがうまれたそうです。詳しい事をお知りになりたければ 『週刊 人間国宝48 芸能 音楽③』朝日新聞社 をお読み下さい。
羽織の柄は寛保年間(1741~)ごろ
歌舞伎役者 佐野川市松が考案した市松染め 石畳染めとも呼ばれる。袴にこの模様を使って流行しました。

黒ちりめんの羽織
延享年間(1744~)ごろは引き続き長羽織が流行。黒ちりめんの羽織。武士や町人の間で帯を胸高に締める事が流行します。胸高に締めると袖と重なる部分ができます。邪魔にならないように袖の一部を身頃と離すようになりました。これが「人形」です。羽織の上からは帯は締めませんので、羽織の袖は従来どおり、小袖や長襦袢に人形を付けました。胸高の流行が終わっても人形は残りました。人形とは「人形浄瑠璃」からきている言葉という説があります。人形遣いは演じやすいように人形の衣装に手を入れやすいようにしました。人の着物は大人になると振り口、身八つ口を閉めるのが普通でした。身八つ口の事を身人形とも言うそうです。
金々先生

文金風にかわって金々先生というのが登場します。本多髷は江戸中期から文金風に変わって流行する髷です。いわゆる「ちょんまげ」の登場です。本によって 明和(1764~)、安永(1772~)から、又は天明(1781~)頃からとあります。その後、金魚本多、兄様本多、疫病本多、団七本多、五分下げ などいろいろな髷が登場します。隠し裏が流行し裾ふきが太くなります。表地が地味に裏地を派手にする。通人の間では 黒羽二重の表着に緋博多帯の巾の狭い物を締めるのが流行します。黒い着物に赤い色が目立って腹切り帯、首括り帯とかいわれました。

鳥居清長(1752年~1815年)「雪の宮詣り男女」

他にも服装に関して「なになに風」と名の付いたものはたくさんありました。土地の名前がついたり職業の名前がついたりしました。例えば市中を見回る同心は帯の中に羽織の裾をいれるという事しました。歌舞伎でそのように着ている時があります。見たい人は「野田版 研辰の討たれ」で中村橋之助さんが演じていたお役人がこれをしてたと記憶しています。またこのお役で 両面羽織を着用していましたが 羽織紐はそのままにして着ていました。また身巾もせまくして走りやすいようにしていたそうです。現在では着物を着て「尻からげ」をする人はめったにいませんが 昔は突然雨が降ってきたりずれば女性だって裾をまくりあげて汚れないようにしました。裾よけをみせた状態で家路についたというわけです。

鳥居清長(1752年~1815年)「雪の宮詣り男女」