外着7 道行衿の雨ゴート

雨ゴートは既製品を売っています。既製品のサイズは S、M、L、LL と大まかです。着物をほんとうに雨から守りたかったら できるだけサイズにあった雨ゴートを着る事が重要です。

個人的には道行衿が一番無難だと思います。道中着衿ですと胸明きが大きいようにおもうからです。
着物の裾位置の詳しい説明は初級編12に掲載しています。礼装用の裾位置が一番長いのですが その位置は草履につく位置です。礼装用の位置に着る人は 雨コートの身丈も長くしなければならなくなります。そして 雨天用の下駄を用意するか 洋靴でいう所のヒールの高い草履を履かなければ意味がありません。

○ 雨ゴートの身丈 着丈+5分から7分 長襦袢の肩から身丈を図って +1寸から寸5分

雨ゴート雨ゴートの前裾は前下がりではなく、前上がりに仕立てます。前下がりでは地面について汚れてしまいます。少し斜めに上がっているほうが歩きやすいのです。着たときにはあまりわかりません。雨が降りそうな時は長着を少し短めに着たり、腰紐で長着と長襦袢の裾を上げてきたりしておきます。雨ゴートを脱ぐ前に腰紐を取るのを忘れないようにします。自分がどれだけきをつけていても周りの人は気をつかいません。他人の傘のしずくがとんできます。たくさん着物をもっているなら、雨の日の着物を決めるという手もあります。牛革の草履は雨に弱いです。雨の日ようのカバーを用意した方がいいです。雨ゴートの寸法が長着とあっていないと長着が汚れる原因になりますので、裄の広い方は雨ゴートの生地巾を考えて長着の裄を考える必要があります。