男物の羽織裁ち方

袷羽織の裁ち方

羽織には袖が二枚、身頃が二枚、衿が一枚必要です。そして前身頃の衿の付く位置から袖口布と襠を取ります。これを前おとしといいます。一枚の身頃から袖口布と襠をそれぞれ取るのが大きな特長です。長着と同じように追い裁ちや基本裁ち(逆きじ)があります。ここでは掲載しませんが本裁ちとほぼ同じように裁って羽織を作る方法もあります。この場合は長着に仕立て替えることができます。男物の羽織の裁ち方

女性は襠の構造がちがいます。襠の用尺がことなりますが、裁ち方図は同じです。