和裁初級 地図

地のしは建物の基礎工事と同じ 


ウサギ和裁初級1着物によってですが、着物は仕立てあがるまでに工程があります。
◎ 着物が仕立てられるまでの工程 >>


ウサギ和裁初級2  着物の裁ち方 着物の裁ち方はいろいろな種類があります。生地巾や生地丈によって 裁ち方がかわりますが ここでは 一番オーソドックスは基本の方法です。
◎ 着物の裁ち方1 >>
◎ 着物の裁ち方2 >>
◎ 繰り越し と 切り越し >>


ウサギ和裁初級3  裁つ前に必ず、「地のし」をします。その理由と方法。仕立てがきれいに見えるのは 生地の地の目と着物の構造が関係しています。
◎ 和裁初級3 地のし >>
◎ 生地の地の目と着物の構造 >>
◎ 和裁初級3 後巾と前巾のバランス >>


ウサギ和裁初級4  着物の裁ち方 たて縞やよこ縞の柄のあわせ方について
◎ 追い裁ちと逆きじ >>
◎ 縦方向の柄 >>◎ よこ方向の柄 >>


ウサギ和裁初級5 経つ時に 注意しないといけない 「界きり線」についてです。最近の反物はほとんどみかけませんが うっかりすると大失敗につながります。
◎ 和裁初級5 界きり線 >>


ウサギ和裁初級6  袖の割継ぎ について 裄寸法がたりない場合の仕立て方。裄が広い人や反物の生地巾が狭い時に行います。 
◎ 和裁初級6 袖の割継ぎ >>


ウサギ和裁初級7  袷の着物の裏生地の裁ち方について
◎ 胴裏の裁ち方 >>
◎ ぼかし八掛けの裁ち方 >>


ウサギ和裁初級8 着物のほどき方。着物を知りたければ 節約したければ 自分で着物をほどくことです。 着物の端縫いについて
◎ 和裁初級8 着物のほどき方 >>  ◎ 和裁初級8 端縫い >>


ウサギ和裁初級9  すみうちは製造者から仕立て屋への設計図です。着物そのものに設計図を描くのです。
◎ 和裁初級9 すみうち >>
◎ 和裁初級9 付け下げの袖の柄位置1 >>
◎ 和裁初級9 付け下げの袖の柄位置2 >>


ウサギ和裁初級10  関西式長襦袢の立衿下がりの位置と寸法について
◎ 和裁初級10 立衿さがり >>