和裁初級2 繰越しと切越し

かなり専門的なことです。衿肩明きの裁ち方で着物が長く着れる可能性があります。
女性と男性では衣紋をぬく、ぬかないの違いがあります。内あげをつくる理由を三つあげていますが、くりこしときりこしにも関係があります。
この他に 肩くりというのもありますが、私の仕立て方は基本は直線裁ちの衿肩明きなので肩くりの寸法はありません。

  • 衿肩明の裁つ位置をあらわしています。衿肩明は首のはいるところです。
  • 女性は衣紋をぬいて着ます。衿が肩山からそれぞれの人の好み分、後ろ側につけます。
  • 男性は首に沿わして着ます。衿肩明と肩山が同じ位置になりつけこみ分だけ後ろ側に衿をつけます。
  • 男物は繰越そのものがないので「くりこし」「きりこし」は関係ありません。
  • 衿は必ず首の後ろ側につけます。特殊な着物で肩山より前に衿がつく時もあります。その代表が時代劇や古典芸能などの衣装として登場する「被衣」です。歴史編3 衣紋をぬくで紹介しています。

くりこし

  • 全体の身頃の半分の位置に衿肩明を裁つ方法

きりこし

  • 全体の身頃の半分の位置を肩山にし,肩山から後身頃の方に繰越を裁つ方法

衿肩回りの男女の構造の違い
wasai-syo2no13


図で見るくりこしときりこし

くりこしときりこしの説明 衿肩あきのたつ位置