和裁初級3 生地の地の目と着物の構造

和服は洋服と異なり直線に縫います。ドレープを作りません。着物を美しく仕立てるには生地の地の目が重要です。袖山と肩山を例にとって説明します。

袖山のラインと生地の地の目ラインが同じようにする

上の説明のように 横方向の地の目がゆがんでない方が綺麗に見えます。肉眼で地の目まで見えるわけではありません。

かけた時に地の目をまっすぐにする

袖は袖山の部分で折り返します。上横方向の地の目をゆがまない異様にすると 今度は縦方向がゆがみます。もちろん縦方向がゆがんでも綺麗に見えないのです。

縦緯の縫い位置が重要

できるだけ縦糸と緯糸が直角に交わっている生地の方が綺麗に仕立てられるのです。どちらのゆがみも大きくならないように、縦方向も横方向も無理のないような形にして袖山をきめます。