和裁初級5 界きり線

  1. 界きり線には3種類あります。いづれも仕立てる時には残布にしたり 見せないように仕立てないといけないものです。どんな物でもあるというわけではありません。帯の界きり線は見せるものもあります。
  2. 生地の端にさまざまな証書や織り方の名称、商品の番号などが記入されています。そうした製品の名前のような部分が終わると本来着物として使う布の部分が始まります。その境にある印を界きり線とよびます。生地の端から端まで横に線があります。
  3. 付け下げや訪問着などの身頃、袖、衿が決まっている着物には「すみうち」という印のほかに左袖、右袖、右身頃 左身頃 衿衽の裁つ位置を端から端まで区別して染めわけている時があります。衿と衽は部分的に縦方向にも線が入っています。この線も界きり線といいます。実際に裁つ位置を示しているので見せないように仕立てます。
  4. 着尺や小紋の反物の半分の所に横に印があります。この界きり線が一番重要で見落とすとたいへんなことになります。数は少ないのですが反物の自体の真ん中の位置に横糸を周りとは違う糸で織っている物があります。距離を置いて二本織り込んでいるものもあります。地模様に見えますがそこにしかなければ界きり線です。その他は染色の工程でできます。
  5. 反物は10メートル以上ある長いものです。その長いものを一度に染色するのはたいへんなことなので半分ずつにわけます。これによって中心で柄が異なったり染色した色が微妙に変わったりします。ほとんどが修正されますが中には修正できない時もあります。現在では反物の真ん中に界きり線ができないように工夫されて染色されるようになりました。従って 界きり線のある反物はまれです。まれだからこそ注意しないといけません。気が付かないで仕立ててしまうと身頃や袖のどこかに一箇所だけ妙な横線がある着物がうまれます。
  6. 界きり線は見える所に持ってこない方法は一つしかありません。見積もる時に反物の両端から袖と身頃を一枚ずつとって真ん中で衿衽をとるようにします。界きり線の存在を見抜ければ見積もり方の組み合わせが限られるので柄ゆきを比較的簡単に判断できます。落款が反物のどちらかの端に描いている時には中央に界きり線はないはずです。もしあれば生産者のミスですが そのような反物は経験がありません。

界きり線が中央にあったときの裁ち方 本裁ち

反物の中央にある界きり線について
中央に衿衽をとるようにしてその両方にそれぞれ袖と身頃をとります。身頃と袖の取り方が逆になってもかまいません。追い裁ちを例にしています。