和裁初級6 袖の割つぎ

裄を広くする方法

裄が広くて生地巾の足りない場合、袖で布をたすのが一番最初の方法です。肩巾でたす方法もあります。こちらでは袖に限定します。二反分つまり二枚分購入された時は割りいれの位置は変わりませんが自由に裁つ事ができるので柄ゆきにも柔軟に対応できます。今回は一反分の生地で衿衽の布から割りいれる方法を紹介します。この場合は割りいれる布の裁つ位置が縦めにしか取れません。柄によっては割りいれた布がめだちます。どちらにするかはお客様自信が選ぶ方がよいと考えています。全体の裁ち方を参照したい方は 和裁初級2 をご覧下さい。袷にする時は表生地だけでなく裏地の巾も注意しましょう。袖つぎする場合の裁ち方


実例 追い裁ちと逆きじの時

着物にはたくさんの柄があります。割りいれする時には目立たなくする方が一般的です。細かい柄はついでいる所がわかりにく、一色の無地染めも目立ちにくいです。反対によくわかってしまう柄もありますが柄ゆきを工夫する事でわかりにくくする事も出来ます。いろんなパターンが考えられますがわかりやすい柄を例にしめします。男性の方着物選びの参考してください。追い裁ち・逆きじは上級編4 和服の柄2をご覧下さい。

袖つぎ 追い裁ちとさかきじ