たったひとりの私の味方

原題「하나뿐인 내편」これは 韓国語の直訳が日本語題になっています。

しかし ドラマを見ると 主人公のドランは 育ての親(父親)が交通事故で亡くなるまでは 味方でしたし 実の父親の過去を知っても それを受け入れてくれた夫も味方です。認知症にあんな症状があるとは 知りませんでしたが だいぶん ドラマに都合のいい病状にしていますが 夫のおばあさんもドランの味方です。

気になるといえば ドランが気分が悪くて道で倒れた時 病院に連れて行って 後に ドランの父親のパン屋で働いている男性です。この人の正体は?

タイトルとURLをコピーしました