国葬の通知

ミャンマーの駐日大使が出席した。ミャンマーは内戦状態 アウン・サン・スー・チーさんを軟禁し 軍事政権が国民に銃をむけ 内戦状態です。ミャンマーが再び 暴力を使わない国になるのに 何年かかるのでしょうか? イギリスはエリザベス女王の国葬にミャンマーは招待しなかったと聞いています。国葬開催の通知をするとミャンマーの軍事クーデターを支持し 今の状況を容認していると同じではないか? 弔問外交? 聞いてあきれます。

ロシアは強引な住民投票を行いました。岸田政権を支持しないという国民が多いのに 国葬をしました。国葬は一日で終わる。支持もないのに強硬したことが国葬で幸いだった。これで よくわかりました。一旦 レールにのせると あるいは 車に自分が乗ると 人はやめられないのです。これが 戦争だったら どうします?

 

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました