かご

浴衣に似合うかばんといえば どういう物があるだろう。布製のかばんもいいが・・・・。

昔 主婦は買い物籠を使っていた。今は 買い物籠を使っている人は見かけない。籐で編んだ買い物籠は 一家に一つはあったと思う。レジ袋ができてからは どんどん 需要がなくなったということか・・・。

浴衣を着て 籐のかばんを持つというのも 悪くはないが
もう少し というよりも もっと高価な物に 山葡萄の蔓をつかったかばんがある。
何万円はする。山葡萄の蔓が貴重品なので 材料費がかかるから 結果的に 料金も高くなる。

籠を買う時 よく見ておきたいのが ささくれだ、ささくれていると 体を傷つけたり 服をひっかけたりする。高価な物ほど 仕上がりがいいので そうした心配はしなくてすみます。

ほんとうかどうかわかりませんが 山葡萄の蔓は 使っている内に よくなってくるそうです。 そうした 何年ものというか 使うことによって 味がでるという そうした物を身近に置いて 心を豊かにする そんな余裕が なくなっていくような 世の中が 残念です。