仮絵羽とゆのし

仮絵羽の筋は 長く仮絵羽に状態が続くと それだけ 筋が消えない 汚れがつくという事がおきます。 汚れがなくとも 筋が消えていないために その筋を隠さねばならないので 希望通りの寸法にならないということがおきます。

筋と色やけの防止 つまり商品価値を下げないためには 仮絵羽をやめることだと思うのです。
さまざまな業界で 改革があると思うのですが 着物の業界は 昔ながらの慣習が続いて、疑問に思うことがあっても 仕事が細分化されているために 仕立て屋が 思うことを 製造する業者に 伝わりません。それは とても残念な事です。

仮絵羽になっていなくても 反物で 試着ができるというような「端縫い」の方法は考えられないのでしょうか?