薄い色の絽の着物

夏がもうすぐ来ますが 薄い色の絽の着物を着る時 下に何を着るかということですが、 まず 汗取りという下着を着ます。夏は これが何より重要です。 そうしないと 一回着ただけで 汗しみが原因で絹の着物が 真っ黄色になります。

そして 最近の夏は とても暑いので その上には 木綿のワンピース下着を着ますが 半衿がつけれるようになっている物にします。 普通の長襦袢を着るのもいいですが 暑すぎます。

どうしても 長襦袢を着ているようにしたい人は 留袖みたいに 袖口と振り口に比翼をつけるというのは どうでしょうか。涼しいと思います。あるいは 単衣の袖をもう一枚作って 袖付けに 縫い付けます。 比翼の丸袖というものと同じです。

そういう工夫は よく着物を着る人しかしていませんが、 浴衣は すぐに洗えるから いいのですが、絹はそう簡単にいきません。