疲れると人が変わる

忙しすぎると人が変わるというのは本当の事ですね。 職場で人が辞めてしまって その人の分まで仕事をしたりすると 当然 残業続きです。 疲れて 家族にあたったりします。 なんでもない事に 怒ったり、 誤解したり、自分が間違っているのに やっていないとか 人のせいにしたりするのです。 家族は迷惑だし いらいらが伝染病になってしまいます。

家で家族にあたるより 職場の上司に 私は残業続きです 疲れがたまって ピークです。 誰か雇ってください。というべきです。 しかし それですぐに楽になるわけではありません。本人が一番わかっています。新しい人が来たら その人に教える時間に費やされ 結局仕事が進まないから いらいらしてしまいます。

蟻の世界にならうといいのです。蟻の巣の中には 普段 全く 働かない 食べて寝るだけの蟻がいるのだそうです。しかし 巣が 何かの都合で破壊されたり、働き蟻が いなくなってしまったりしたら 普段は「食っちゃ寝」している蟻が元気に働くのです。会社は 最低限の人だけを雇うのではなく 何かあった時に考えて すこし余分に人を雇う そうした事が必要です。

その人は 急に誰かが休んでも カバーできるように 仕事を覚えておく必要があります。 日本の会社は なんでもする型の会社が多いですが、時には 専門職があります。その専門職が休むと 困るなら 日頃から 専門職の人を 少し多めに 雇っておく事が大切です。

とにかく 忙しすぎると 人は変わります。 人間の脳みそや心ほど 繊細なものはないのかもしれません。 睡眠をとる ネットをみている場合ではない。 これを 読んでおられる方 疲れていますよ。 家族や同僚に迷惑かける前に とにかく 睡眠とりましょう!