病院に行かない

コロナの影響で 病院での感染をさけるために 通院しない人が多くなっているそうです。耳鼻咽喉科と小児科が 一番 患者数が少なくなっているそうです。

患者数が減ることによって お医者さんの収入も減っていて このままでは 廃院する所もでるかもしれないので 医師会が国に病院がつぶれないようになんらかの対策をお願いするようなことが報道されています。

高齢化社会で 医療費をおさえる政策とか このままでは 日本の医療制度は崩壊するから できるだけ 医者にかからないように 健康寿命を長くといわれてきました。コロナによって 病院 今まで 行かなくてもよかった人が行かなくなったら 医者が廃業することにつながるのか それってどれぐらいの数だろう? でも コロナのような感染症が蔓延したら 日本の医療体制はもたないとわかりました。

今 忙しい病院と そうでない病院が協力しあう方法ってないの? 民間の検査会社にもコロナの検査の門戸をひろげてないの? なぜ? 民間の検査会社の人だって プロでしょう? 昔 臨界事故が起きたとき 作業員は放射能について 知識のない人がやっていて 臨界事故が起きました。プロからすると信じられない作業工程だった。医療関係の検査技師もそんな感じの人が検査をしているのかしら? わからない けれど 緊急事態宣言の解除をしたなら 検査体制をもっと充実させる必要があるでしょうか?

早くしないと 第二波がきてしまう。

政府はこれからも 外国人に観光に来てほしかったら 空港や港の入国時に 医療保険にはいっていない人は 入国できないというぐらいに厳しくする必要がありますね。そうしないと 日本の病院がもたない。医者も看護士も検査技師も 簡単に増やせる職業ではないのだから。