大阪市の10万円給付金の申請書

自治体によっては 5月から10万円給付金が振り込まれていますが 大阪市は6月になってから申請書が届きました。大阪市の申請書は 総務省が見本として発表したのとは違います。独自に作って そこに 住所や名前を印刷して 紙も豪華です。このタイプの紙だと高いと思います。ここまで いい紙にしなくてもいいのにと思いました。大阪市はお金があるんだなぁと思いました。

大阪市は国政の選挙がある時も 投票用紙が来るのは他の自治体より遅いです。人口が多いから 遅いのかと思っていましたが、申請用紙を見たら 遅かった理由は 大阪市はオリジナルを作るから 時間がかかったのだと思いました。違うかな? 封筒もいろいろ書いてあるし 返信用の封筒も派手です。

しかし 総務省の見本は文字が小さいので 書きにくいです。大阪市のは スペースが広く 文字が大きく書けるし わかりやすいです。

紙の申請書は オンライン申請より 間違いが少ないのかもしれませんが 紙でも間違う人はいる思います。チェック印をいれるのを忘れるとか 口座番号を間違って書くとか そういうことは ないとはいえません。

寝屋川市では二重に払うミスがおきました。コンピューターがデータを更新していなかったということですが 更新ボタンを押さないと更新しないのか? よくわかりませんが 手作業でもミスはおきるし コンピューターでも ミスはおきる。