携帯電話の料金を安くする前に

ADSLから光の接続に変えようとして ネットがつながりにくくなったりは しなくなりますか?と聞いたら 集合住宅全体の光の機械が初期のものなので ADSLより ひとつだけバージョンアップしただけで その集合住宅全体でたくさんネットに接続したら つながりにくくなります。とはっきりいわれました。今は もっと進化しているのです。賃貸住宅では 回線の最新機器に変更をお願いしても 実現することは まずありません。そして 家賃はさがりません。

政府は給付金の支給がうまくいかなかったので 対策をこれから考えるそうですが アナログでの生活の権利を守りながら 住む場所や環境で 回線状況に差がでないように してからでないと意味がないと思います。

住宅設備に補助金をだすか 古いままなら 家賃を下げるとか 大胆な政策をしないと・・・ ネット環境を改善することはできないと思います。 小泉政権の時 ブレーンだった 竹なんとかさんの 国民全員に7万円よりも いいと思います・・・・。家賃とライフラインに関する費用が政府負担で その上で 7万円を支給するなら いい案かもしれませんが・・・。