マイナンバー制度

横浜地方裁判所でマイナンバー制度は違憲ではないという判決がでたと新聞に掲載されていました。

マイナンバー制度ができて それを使って いろいろな事が運用され始めたら 弱い人が差別される社会になると思います。

思い出すのが らい予防法です。法律が差別をうんで、多くの人の人権を侵害しました。その歴史は知れば知るほど 怖いです。法律が 差別の原因になるなんて どういうことだと思います。

マイナンバーも差別を呼ぶ法律だと思います。日本には住民票をいろいろな事情で持っていない人がいます。その人たちは何も悪くありません。今も住民票がないことで さまざまな苦労があると思います。

外国籍の人も住民票があれば マイナンバーが公布されます。

日本国憲法では第二十五条すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

とあります。住民票のない人は国民ではないのでしょうか?

プリペイド式携帯2

私の場合 携帯を仕事で使うのですが 回数としては個人的なことで使うことが多いです。

今の携帯ではインターネットは使えません。

例えば 初めての所へ行く時 インターネットにつないで地図を見ることはできません。実は 不便だと思うのは それが一番です。道を歩いているとお年寄りから道を尋ねられるのですが そうした時に 知らない場所だと説明できません。自分もよく道に迷うので 地図がみられた方がいいと思う時があります。

写真の機能が良くないです。人だけではなく ちょっと保存しておきたいと思うことも 小さいと写真をとって 画面をみても よくわからない。

スマホだと ラインが使えますが 私のはできないので よく考えると相手が無料でできる行為を有料でしてもらったいるかもしれません。親しい人に いつも写真を撮ってもらっては パソコンの方に送信してもらいます。

携帯電話をどんなタイプにするかというだけで どう生きるかを考える事になり、 携帯電話が人の生活に密接な道具になっているのです。衣食住といいますが その次に 携帯電話かもしれません。衣食住の次に携帯電話になる事を 常に警戒した方がいいのではないかと思うのは 私だけなのでしょうか?

 

温暖化と原子力発電

日本は 鳩山首相だった時 だったと思うのだが 温暖化対策のためには 一番原子力発電がいいとされて 原子力発電をする前提で温暖化の対策を考えました。ところが 東日本大震災がおきたことで 根本的に 温暖化対策の方向転換をしなければならなくなりました。そもそも 最初から 原子力発電の大きな問題を 無視して 発電し続けてきました。核廃棄物を処理する技術もないのに 原子力発電所を作った人たちの責任は重いです。

東日本大震災から8年半 原子力発電を辞めて、温暖化対策も考えないといけないのに 一向に進みません。それどころか 海外に原子力発電の技術を売ることまでするのです。地熱と太陽を利用して 電気を作る方向に全くいかないのは なぜなんだろうと思います。

元東電経営陣が無罪になりました。こういうことでは ますます 原子力発電はやめないのだろうと思います。

よくわからないけれど キャッシュレスなるものが導入されたら 温暖化対策になるのでしょうか? ますます 電気が必要な社会になるんじゃないの?

台風17号であらためてわかった事は 電気がないことを前提に対策を考えるということです。できるだけ 電気を使わない暮らしをするというのも必要で、その小さい積み重ねが 温暖化対策にもなると思うのですけれど