正しい帯締めの結び方

これさえマスターしておけば他の組紐や丸絎けでも同じです。丸絎けや丸組の帯締めは上に向くとか下に向くはきにしないで締められます。先が下になるので 上にしたい人は最初の所を下に交差させます。

 


  1. 左右の長さを同じにする。左を上にして帯締めを交差させる。その時必ず先を上に上げる。
    左側を上にして先も上にあげる
  2. 上にある方を下の紐にかけて裏側をみせる。力をいれて締める。
    上に載っている方を下にかける
  3. 左手の紐を一回転させて結び目をつくる。
    しっかり締めてから 左側に結び目を作る
  4. 右手の紐を上に持ち上げる。(表側が見える)
    下に伸びている方を上にあげる
  5. 左側にある結び目に持ち上げた紐を中に入れる。
    上にあげた方を結び目の中に入れる
  6. 中にいれた紐を引き出してくる。
    引き出してくる
  7. 形を整えながら左右を持って強く締める。
    左右を同じ力で しっかり締める 最初にかけた部分がゆるまないように注意する
  8.  両端を下側の帯締めにはさむと出来上がり。
    正しい帯締めの結び目
  • 帯締めは 2番の時に しっかりと 締めないと 後に 緩んできます。
  • もし緩んできたら 土台部分を締めなおす事からはじめます。
  • お太鼓結びをしているとしたら、最悪 お太鼓のたれ先が落ちてしまいます。
  • 実際に締める時は 最初の結び目が緩まないように  親指 などでしっかりと 押さえておくことが必要です。

たたみ方地図

一枚の着物に百人の無名の職人


雪うさぎ長着(着物)の畳み方  ◎ 着物のたたみ方は主に三種類です。
◎ 着物のたたみ方 本だたみ  >>
◎ 着物のたたみ方 夜着だたみ >>
◎ 着物のたたみ方 袖だたみ  >>


雪うさぎ長襦袢の畳み方   着物の夜着だたみの変形です。
◎ たたみ方2 >>


雪うさぎ羽織の畳み方   本だたみの変形で衿だけが少し違います。
◎ たたみ方3 >>


雪うさぎコートのたたみ方   コートは長襦袢と同じです。
◎ たたみ方4 >>


雪うさぎ振袖のたたみ方   お袖が長いので注意必要です。
◎ 振袖 本だたみ >>
◎ 振袖 夜着だたみ >>


雪うさぎ振袖長襦袢のたたみ方   長襦袢と同じですが 袖が長いので場所がいります。
◎ 振袖長襦袢のたたみ方 >>


雪うさぎ子供物のたたみ方    長襦袢と同じですが 袖が長いので場所がいります。
◎ 子供物の着物のたたみ方 >>


<雪うさぎ帯のたたみ方    帯の畳み方はいろいろあります。ほんの一例です。
◎ 名古屋帯のたたみ方 >>
◎ 袋帯のたたみ方 >>

着物のたたみ方 本だたみ

畳み方の種類

  1. 本たたみ
    • 大抵はこのたたみ方です。後巾と前巾のバランスが悪いと衿の部分でしわになりやすいです。
  2. 夜着だたみ
    • 広い場所があった方がよい。どうしても横に線がいきやすいので 間に綿をはさんだりする。そうするとかさが高くなる。留袖などの着物をたたむ時に行う事が多い。
  3. 袖だたみ
    • 主に簡単にたたみたい時や呉服屋さんで絵羽物をこの方法でたたんで展示したりする。出先で羽織やコートを簡単にたたみたい時に使ってもよい。

本だたみ

着物のたたみ方 本だたみ

 

本だたみ注意点 綺麗に本だたみしたい時

本だたみの注意点